役作りに変化!雪組「シティーハンター/Fire Fever」SS席観劇感想・彩風咲奈・朝月希和・朝美絢

雪組

雪組東京宝塚公演「シティーハンター」観劇しました。

(SS席)

9月のムラ(兵庫県宝塚大劇場)観劇以来、久しぶりに彩風さん朝月さん演じるアニメのキャラクターたちに会えて嬉しかったです。

FireFeverは体力的にとても大変なショー。

自分たちで自分たちを盛り上げ鼓舞する雪組生が愛おしくなりました。

シティーハンター・印象の違い

シティーハンターはムラと東宝で演出に違いはありませんが、個々の役作りに変化がみられました。

誤解を恐れずに言うと、ムラでは全場面全員が主役のようなところがあったのですが、東宝では演出家が見せたいところにちゃんとスポットが当たるように整理されていました。

そのおかげで同時進行するいくつもの事件が一つ一つクリアになり俄然おもしろかったです。

かといって個々のキャラクターの濃度が薄まったワケではなく、むしろ濃さを増していました。

縣(海坊主)さんが更にたくましく見え、彩(冴子)さんは声色まで色気が増していたし、綾(槙村)さんはキザであることが普通の域に達していました。

悪者チームは”根っからの悪人”と”悪人になりきれない小心者” の違いがより明確に。

ちょっぴり辛口!雪組「シティーハンター」感想・ネタバレあり
雪組「シティーハンター」観劇。(2階A席)観劇された方の絶賛レポをたくさん目にしていたので、期待に胸をパンパンにふくらませて席につきました。前評判どおり、とにかく雪組生がみんな元気でおもいっきり舞台をたのしんでいる姿が清々し...

りょう・彩風咲奈

彩風さん(りょう)はムラの時より二枚目の分量を増やした役作り。

というより、彩風さんが本気の哀愁出したらカッコよくなり過ぎたっていう話しだと思います。

実はムラでは三枚目と二枚目の境目があいまいなシーンがあり、どっちつがずでもったいない気がしていました。

もしかして原作的にはそのあいまいさが魅力なのかも知れませんが。。。

東宝ではファンが見たい”どストレートにカッコいい”彩風咲奈演じる冴羽りょうが全面に出ていて 「これよ!これこれ!」と大拍手!

真面目な内面を表現するときにスッとちからを抜いた静の佇まいで魅せる彩風さん最高で、ムラよりも大人びた印象。

夢白さん(アルマ姫)と接するときの包容力もグンと上がっていて男前感スゴかった。

こりゃあアルマも初恋を忘れるどころか りょうのことをもっと好きになってしまうでしょうね。

香・朝月希和 / ミック・朝美

朝月さん(香)はムラではコメディシーンになると気合いを入れ直す感があったのですが、東宝では無理なく自分自身に役を落としこんでいて”“そのものでした。

相当研究されたのだと思います。

一途で不器用で正直な香。りょうへの想いがいじらしくてたまりません。

朝美さんのミックはすこしチャラさを加減した分 “ただ者ではない感” がより濃く出てスケールが大きくなりました。

香とりょうのことになると真面目になっちゃうの好き!

Fire Fever の微笑ましい光景

ムラとの違いではないのですが、ショーを観ていてあまりにも微笑ましかったエピソードを。

縣さんがセンターで踊る場面の前に舞台上から「あーがーたーーっ!!」と大きな掛け声がかかり、心なしか縣さんも嬉しそうで。

その後のダンスのキレの良いこと、キレの良いこと

仲間の応援はパワーになりますね。

体力もつ?雪組「Fire Fever!!」感想・彩風、朝月、朝美
雪組「Fire Fever!!」いったい中詰めが何回あるの?ってくらい組子の総踊りが多いハードなショー。彩風さんのダンスが堪能できます。新生雪組が熱い!

朝美さん、縣さん、綾さんがポイントポイントで「さぁ、やるぞ!」みたいな感じてアイコンタクトをとっているのが微笑ましかったです。

激しいショーなので自分たちで自分たちを鼓舞しながら全身全霊でおどられているのですね。

久しぶりの東京宝塚観劇は大大大満足です。

あぁ、楽しかった~。

↓ポチッと応援お願いいたします。

名曲ぞろい!タカラヅカスペシャル2019
速報!新VISAイメージガール永久輝せあさんに決定!
聖火リレーSNS投稿OK!望海風斗さんの走る姿が動画で見られる♪
望海風斗さん真彩希帆さん雪組全ツ初日ご観劇「ヴェネチアの紋章」「ル・ポァゾン」
タイトルとURLをコピーしました