礼真琴のためにできること

礼のために 星組

現在公演中
星組東京公演「めぐり会いは再び/Gran Cantante!!」

数日前「Gran Cantante!!」プロローグで
礼真琴さんにちょっとしたハプニングがあったようです。

前回の記事と同様に

本記事も感情的に綴った箇所がありますので
読み進めご留意ください。

礼真琴の負担

ハプニング自体はみんなに笑顔をもたらす可愛いものでしたが、

この公演において
礼さんの負担が大きすぎるということは以前から感じておりました。

10年の時を経てルーチェという同じ役をする奇跡のような「めぐり会いは再び」は、
すこし内輪ウケ感はあれど、とても楽しく、

「Gran Cantante!!」は演出の藤井先生が礼さんの声に注目したというだけあって、聴きごたえのある素晴らしいショーです。

この公演を初めて観劇したときは、改めて礼さんの実力に感嘆しました。

と同時に、

「これ本当に1日2回公演するの?大丈夫?」という心配が浮上。

その時から懸念していたことですが、
やはり今の星組は礼さんに頼りすぎているのではないかと。

宝塚100年以上の歴史のなかでも礼真琴というタカラジェンヌは、
最高峰の実力と人気を誇る「宝塚の宝のような人」です。

だからこそ演出家の創作意欲を掻き立て、他の組ではバランスよく作る演目でも、星組ではついつい礼さんありきのモノになってしまうのではないかと思います。

そしてもう一つ、礼さんだけが突出して出番が多くなってしまう原因に、正2番手不在だということも大きく関係しているように思えます。

トップ、2番手、3番手がキレイに序列されている宙組は、ショーでの出番バランスもよく、2番手の芹香さんが数場面を担当。

そして2番手以下がしっかりパフォーマンスしたあとで、真風さん登場!

というカンペキなピラミッド体制に
「あぁ、宝塚をみた」という満足感があります。

雪組は組替えしてきた和希さんが「Sensational!」で歌い踊り大活躍。

しっかり3番手の役割を果たし、ショー全体を引き締めていたように思います。

彩風さん、朝美さん、和希さんという全く個性の違う3人が、入れ替わり立ち代わり舞台に登場するのはワクワク気分が上がります。

花組は100周年記念ということもあり
上演時間が長かった「The Fascination」は
柚香さんも組子も体力的にキツそうでした。

ただでさえ大変な公演なのに、水美さんと永久輝さんが同じ大きさの羽根を背負ったことで荒れました。

ですが水美さんを正2番手に据えた
「Fashionable Empire」は、

序列が明確になり、水美さんの出番も増え、
そこに良いバランスで永久輝さんも加わり、

柚香さんの負担が体力的にも精神的にも大きく減ったのではないでしょうか。

歌のシーンでは歌ウマさんをバンバン起用する構成の上手さも、柚香さんに味方しているように思います。

そして月組

5組の中でトップスターの負担に対して、いちばん配慮が行き届いているという印象です。

月城さんはケガで休演したことがあるので、
体の負担軽減のためダンスシーンは組子に分散されています。

さらには1本物を当てられるなど、劇団も演出家もあらゆる角度からサポート。

「FULL SWING!」
2番手の鳳月さんが数場面を率いて色を変え、

当時、3番手確定とはいえない暁さんでしたが、歌にダンスに大活躍。
公演の成功に大きく貢献しました。

月城さんはお芝居と歌でしっかり魅せ、ダンスは他に振るというスタンスが、結果的に組の安定感を高めているように思います。

話しは星組にもどり…

愛月さんが退団してから正2番手不在の星組。

瀬央さんの片羽根に世間の注目が集まっていることも、スカステ画像の件も、礼さんの耳に届いていないことはないでしょう。

ただでさえ体力的に大変な公演に加え、
瀬央さんのそのことに心痛め、さらには下級生時代からお世話になった天寿さん音波さんら上級生の退団。

そして、いまだ続くコロナへの不安。

礼さんが背負うものが多くて…感情のままに記してしまいました。

暁さんが組替えしてくるのであれば、はやめに序列を確立し、お芝居もショーもしっかり分散して礼さんの負担軽減につなげてほしいです。

そして星組には魅力的な下級生がたくさんいるのでドンドン器用してチャンスを。

もちろん、礼さんの出番を安易に減らせというワケではありません。

個人的に、礼さんは最短でも110周年までは在団してくれるのではないかと期待しています。

いままでのような過度な重用で、礼さんのトップ寿命が縮まることにならないよう願うばかりです。

衝撃!凪七瑠海×舞空瞳 全国ツアー/礼真琴「赤と黒」/綺城ひか理の組替え
公演中止期間がタカラジェンヌに与える影響
天華えま待望のバウ『Stella Voice』・朝月希和ミュージックサロン中止
オリンピック閉会式でタカラジェンヌ国歌斉唱・真風涼帆、礼真琴、柚香光、芹香斗亜、愛月ひかる、水美舞斗
タイトルとURLをコピーしました