2023年宙組別箱発表/真風涼帆リサイタル・鷹翔千空バウ

真風2回目リサイタル、鷹翔バウ 宙組

真風さん2回目のリサイタル

「MAKAZE IZM」

そして鷹翔さんが初主演を務めるバウ公演

「夢現(ゆめうつつ)の先に」

2023年、年明け宙組別箱公演が発表になりました。

真風涼帆リサイタル「MAKAZE IZM」

真風さんのリサイタルといえば、宝塚初となる東京ガーデンシアター「FLY WITH ME」が記憶にあたらしい。

そして、はやくも2度目のリサイタルが発表されました。

詳細を見たところ、まず驚いたのは、

座席料金…SS席12,500円 S席9,500円 A席6,000円 B席3,000円

今まで国際フォーラムCってSS席ありましたっけ?

・2022年1月雪組「ODYSSEY」SS席なし
・2021年1月花組「NICE WORK IF YOU CAN GET IT」SS席なし

過去、国際フォーラム公演にSS席はありませんでした。

・コロナ禍で、相次ぐ公演中止による損害
・衣装、大道具、小道具など物価の高騰

いろいろ検討した結果、この宙組公演からSS席導入に踏み切ったのでしょう。

真風さんのリサイタルを、SS席で観ることができたら最高ですね。(友会抽選に懸けよっと)

リサイタルの気になる内容ですが、

「真風涼帆のこれまでの歩みを振り返る思い出のナンバーを中心に」

こういう一文、ドキッとさせられますね。

そして、

「真風涼帆の過去と未来に迫るMAKAZE IZMにご期待ください」

あれ?未来に希望を持っていいの?と
いちいち敏感になります。

「MAKAZE IZM」は、ハイローの宣伝を兼ねた「FWM」とガラッと雰囲気を変えて、

真風さんの宝塚人生をどっぷり堪能できるリサイタルになりそうですね。

セットリストに星組時代の曲も入っていると嬉しいな。

そして最大の関心事は、潤花さん芹香さんが出演されるのかということ。

そりゃあ、お二人が参加されれば、楽しいリサイタルになること間違いなし!

ですが、トップコンビと2番手が2回連続いっしょの別箱というのも…

DSや別のイベントが追加発表されるのか気になります。

鷹翔千空バウ公演「夢現(ゆめうつつ)の先に」

鷹翔さん、初バウ主演おめでとうございます。

101期の首席で、歌にダンスにお芝居に
なんでもできる実力の持ち主。

ネバセイ新公のヴィセント(本役・芹香)は、新人公演の域を越えたうまさで驚きました。

風色さん(102期)、亜音さん(103期)ら若手スターがひしめく宙組。

鷹翔さんが万博アンバサダーに選ばれなかったこと、少しひっかかっていましたが、ハイローではポスター入り。

バウ主演の切符を手にし、どこへ向かうのかは分かりませんが、これから飛躍することは間違いなさそうです。

興味深いのは、摩訶不思議な演目。

悪夢にうなされるのが日常となっていた“僕”。いつものように夢をみて、いつもと同じ終わりを迎えようとした時、突然声が聞こえた。“彼”は自分の夢に招待しようと、強引に“僕”を連れ出してしまう。“僕”とは正反対の、鮮やかな色と楽しげな音楽に彩られた“彼”の夢。そこには、“僕”が密かに想いを寄せる“彼女”とそっくりな女性の姿も。“彼”は一体何者なのか。なぜ“僕”は何度も同じ夢を見るのか。夢と現が交差する中、真面目に生きようともがく“僕”が辿り着く先は……。

生駒先生の解説が、ポエムのような、ことば遊びのような…

まったく内容が頭に入ってこず。笑

「僕」「彼」「彼女」の世界が
どんな風に広がり、鷹翔さんがどう演じるのか。

生駒先生のデビュー作に大いに期待。

真風さんのリサイタル、鷹翔さんのバウ。

2023年、年明けから宙組の舞台が観られること楽しみにしています。

宙組「FLY WITH ME」ライブ配信感想・真風涼帆、潤花、芹香斗亜
宙組新人公演「NEVER SAY GOODBYE」配信感想
オリンピック閉会式でタカラジェンヌ国歌斉唱・真風涼帆、礼真琴、柚香光、芹香斗亜、愛月ひかる、水美舞斗
宙組全ツ初日「バロンの末裔/アクアヴィーテ」真風涼帆・桜木みなと・瑠風輝
タイトルとURLをコピーしました