桜木みなとについて思うこと

桜木に思うこと 宙組

現在公演中の宙組『HiGH&LOW』で

キャラの再現度が高いと評判の桜木さん。

下級生のころから宙組の御曹司として
順調に上げられ
来年には2番手昇格が見えてきましたが

さて、そこからどうなるのでしょうか。

個人的に思うことを記したいと思います。

宙組御曹司・桜木みなとについて思うこと

現在、3番手羽根を背負う桜木さんは
宙組初・生え抜きトップの最有力候補です。

というのも、宙組は発足以来
ひとりも生え抜きトップを出していません。

さらにいうと
宙組出身でトップになったのは
早霧さんだけという寂しさ。

新公主演を4回して、初の生え抜きトップが期待された愛月さんが専科に移動したときの言葉が忘れられません。

宙組からはスターが生まれないと言われているので、その理由を外から見て確かめたい」

そのジンクスを破るべく
桜木さんに期待がかかります。

95期神7・桜木みなとの立ち位置

桜木さんは
黄金の期と称される95期において

柚香さん、礼さん、月城さんに次いで
着実にステップアップしてきました。

現在2番手の水美さんや朝美さんより早く3番手羽根を背負っていますし、東上も果たしています。

しかも、桜木さんの主演作は
バウも東上も全てオリジナル作品という手厚さ。

桜木みなとの幸運

新公主演2回
『白夜の近い』
『王家に捧ぐ歌』

バウ主演2回
『相続人の肖像』
『パーシャルタイムトラベル』

東上主演2回
『壮麗帝』
『カルトワイン』

さらに桜木さんがラッキーだったのは、

・組内で路線上級生を抜かさなかったこと

・組内で路線下級生に抜かされなかったこと

・組内に路線同期がいなかったこと

このラッキーは桜木さんを穏便に上げていくために、意図してつくられたものかも知れません。

番手問題や羽根でざわつく他組をよそに

真風さんの長期任期を味方につけ
様々な役に挑戦。

・悪役/ベネディクト、アギラール
・良い人役/ヴラド、ワトスン
・娘役/アニータ

など

悪役、良い人役、娘役など
バリエーションに富んだ役を多数経験し

公演ごとに大きな存在になっていきました。

そして魅力が爆発したのが『カルトワイン』

桜木さんが醸し出す大人の抜け感が
とにかくカッコ良かったです。

つづく『HiGH&LOW』
宝塚としては異色の難役
スモーキーまでモノにしてしまった今、

もう出来ない役はないのでは?とすら思います。

「(ハイローは)正直とても大変ですが、お客さまが喜んでくださると報われますし、もっと幸せにしたい。舞台上でみんなが全力で取り組む空気を味わえることが幸せ。いい仕事に巡り合えたな~

なんだか、人として達観してますね。

しかも下級生の頃から変わらず
ファンを姫扱いし、王子様道を徹底しているところもスゴイ。

【余談】
真っ白なオープンカーに深紅のバラの花束を積んで女性に会いにいくというパーソナルブック、ありましたね。

可愛らしいお顔なので
いつまでも若手のイメージですが
桜木さんももう研14

コロナの影響で真風さんの退団が延び、それに伴い3番手ステイ状態が続いていましたが

来年に2番手に上がるでしょう。

はたしてその先、本当に宙組初の生え抜きトップに?

95期4人目のトップスターに?

桜木みなとは宙組初の生え抜きトップに?

8代目・真風涼帆
9代目・芹香斗亜
10代目・桜木みなと

みんなの期待どおり順調にバトンが引きつがれたとして

芹香さんの任期を考慮すると
桜木さんがトップになるのはまだまだ先になりそうです。

3年後なら研17、4年後なら研18…

もっと早くに組替えしておけば
というご意見もあろうかと思いますが

どの組にも路線の同期がいるため
難しかった。

というより

桜木さんを『宙組初・生え抜きトップ候補』として育成しようと決めていたのだと思います。

つまり、組替えさせる気はなかったということです。

とは言え、コロナで予定されていた人事がどう変わるのか分かりません。

「宙組初の生え抜き!」
「95期からもう一人!」


という派手なタイトルのためではなく

桜木さんが幸せな笑顔でセンターに立つ日が、いつか来るといいなと思います。

気のはやい話しになりましたが

第8波が心配される現在、
『HiGH&LOW』東京公演の完走を
心から願っております。

宙組「NEVER SAY GOODBYE」初日感想・真風涼帆、潤花、芹香斗亜
【宙組】公演中止期間延長について・真風涼帆「NEVER SAY GOODBYE」
宙組「HiGH&LOW」感想・真風涼帆、潤花、芹香斗亜、桜木みなと
宙組「FLY WITH ME」ライブ配信感想・真風涼帆、潤花、芹香斗亜
タイトルとURLをコピーしました