賛否両論!劇団ニュースと花組演出

賛否両論!劇団ニュースと花組演出 花組

朝美絢さん主演『海辺のストルーエンセ』のポスターが発表されましたね。

寒々とした海辺をバックにジッとこちらを見つめる美しい朝美さん

映画のワンシーンのようなで惹きこまれます。

このステキなポスターを見て、さらに期待が高まりました。

そして本日発表された劇団ニュースに賛否両論。

東京公演・一部開演時間変更

東京宝塚劇場では、2023年5月6日(土)初日の宙組 東京宝塚劇場公演より、平日2回公演実施日において、18時30分公演の開演時間を30分繰り上げ、18時開演に変更いたします。

宝塚歌劇団HP引用

東京の夜公演が30分早く開演されることになりました。

仕事帰りに観劇する人が多い東京では、この30分は大問題でしょう

17時~17時30分に退社できても
劇場に近い会社じゃないと間に合わない。

泣く泣く夜公演を諦める方も多いと思います。

ただでさえチケット難が続くと思われる2023年以降、土日の倍率はさらに上がるため、平日夜に観劇できるならしたいというお気持ち分かります。

その一方で、終演時間が早まるメリットも。

18時30分公演だと終演後、規制退場を守って劇場を出るころには22時を回っているということもザラ。

なので30分はやく帰宅できて嬉しいとの声も。

観客もそうですけど、劇場スタッフさんやジェンヌさんの負担が軽くなるのは良いことですね

遠征組にとっても、新幹線で日帰りできる(観劇した日に帰宅可能)という選択肢が増え朗報でした。

その他、宝塚大劇場の初日が土曜日(元は金曜日)になったことも
千秋楽が日曜日(元は月曜日)になることも
休演日が月曜日(元は水曜日)になることも

われわれは劇団の決定を受け入れるしかありません。

最初は違和感があり戸惑うでしょうが、1年も経てばそれが当たりまえになっていくのだと思います。

花組『うたかたの恋』新演出

花組大劇場公演『うたかたの恋』の内容が少しずつ明らかになってきました。

『うたかたの恋は』柴田先生の作品の中でもとくに人気の高い演目。

宝塚ファンはもちろん、ジェンヌさんの間でも好きな作品としてよく名があがるほど。

しかし今回の新演出に…

不安(否定)派

そんなに変えて大丈夫?という不安な声が上がるのも、もっともです。

柴田先生の脚本をたいせつに、少しセリフの変更あり

少しとありますが、柚香さんがおっしゃるには「人によっては見え方が変わるのでは」と。

セリフは脚本家の命。
小柳先生、思い切ったことをされますね。

永久輝さんも小柳先生の台本を読んだ感想を「(柴田先生版と)まったく違う印象をうけました」と語られています。

マリー(星風)を地に足のついた人間味のある人物につくり直しています

あらら。マリーは純粋無垢がドレスを着て歩いてるような少女だからこそ、この物語が成立するのでは。

ルドルフとマリーの悲恋物語だけでなく、時代背景や政治の部分もしっかり描き、より見応えのある作品に

もともとの夢々しい世界観がお好きな方は、改変に驚かれるかもしれませんね。

わたしも含め、賛成派の意見も。

賛成派

主題歌はたしかに良い曲ですが、あの曲のくり返しばかりはちょっとと思っていたので、新曲が追加されるのは嬉しいです。

そして新しいシーン
柚香さん、水美さん、永久輝さんの従兄弟同士のダンスが最高の予感!

見せ場の一つとなるでしょう。とっても楽しみです。

美羽さんの役(ソフィー)が増やされ、それにより永久輝さん(フェルディナンド大公)とカップル成立。

柚香×星風
水美×星空
永久輝く×美羽

3組のカップルを愛でることができるなんて、なんと贅沢な。

ルドルフとマリーの恋愛だけでなく、並行していろんな愛を描くというのが小柳先生らしいですね。

改変されるとあの名ゼリフが聞けないの?という不安を永久輝さんがとっぱらってくださいました。

私がもともと好きだった場面や、作品をご覧になったことがある方が「ここは絶対に外せない」と思われるようなシーンは入っていると思いますので、楽しみにしていただけたらと思います

ちなみに私が期待するあの名ゼリフとは

「おまえを清らかなままでおこうとした誓いをやぶろう」byルドルフ

です。笑

柴田先生の名作を小柳先生がどんな風にドラマティックに展開するのか、

豪華な舞台装置と衣装、さらに花男たちの軍服姿、花娘たちのドレス姿も含め

新しい『うたかたの恋』とっても楽しみにしています。

花組バウ「殉情」を観る覚悟【雑録】
花組集合日「TOP HAT」配役決定!退団者発表
ポーの一族初日感想②千葉雄大さんアラン編
二人が離されないワケ!柚香光さん水美舞斗さん♪花組『ダンスオリンピア』感想
タイトルとURLをコピーしました