エトワール留依蒔世について!宙組「HiGH&LOW/Capricciosa!!」

留依エトワール 宙組

宙組大劇場公演

「HiGH&LOW/Capricciosa!」

本日ぶじに初日の幕が上がりました。

真風さんがご挨拶で感極まり
客席もあたたかく見守り
涙あり、笑いあり
とても感動的な初日だったようです。

初日はファンの感想に偏りがあるのは
重々承知ですが、

LDHとのコラボ作品「HiGH&LOW」も
藤井先生の「Capricciosa!!」も
評判は上々。

劇団も、舞台稽古を見学に来られたという
関係者さんもホッとされたのではないでしょうか。

さて、初日公演で
一番大きな拍手が送られたのは…

エトワールの留依蒔世さんだったそうです。

本日は、この公演で
惜しまれながら退団される
留依さんについてお話ししたいと思います。

宙組「HiGH&LOW/Capricciosa!!」初日

「Capricciosa!!」階段降り

「Capricciosa!!」階段降り

留依(エトワール)

亜音・鷹翔・風色

天彩・紫藤

瑠風

桜木(大肩羽根)

芹香(2番手羽根)

潤花(大羽根)

真風(特大羽根)

留依蒔世さんについて

留依さんは言わずと知れた
宝塚歌劇きっての歌手です

その留依さんの単独エトワールを聴ける日が、ついにやってきました!

留依さんが歌い出した瞬間
客席から拍手が起こったそう。

そして、突き抜けるような
圧巻のエトワールが終わったあと
客席から本日一番の大きな拍手

その拍手は
留依さんが階段をおりきった後も続き
異例の長さだったそうです。

伝説のエトワールになった瞬間ですね。

留依さんはショーだけでなく
「HiGH&LOW」でも魅せます。

留依さんの役は「苦耶組」の頭・リン。
(宝塚オリジナルの設定)

紫のスーツをビシッと着こなし
悪役として凄みをきかせ
周囲に圧をかけます。

朗々と歌うソロナンバーがあるのも嬉しい。

そして、ラストに
真風さんと対峙する見せ場に
先生の愛情を感じました。

留依さんと真風さんは
お芝居では緊迫した間柄でしたが
ショーの退団者ピックアップシーンは
ニコニコ笑顔で目線のやりとり。

胸が熱くなる見逃せないシーンですね。

歌ってよし、芝居してよし、
そしてダンサーでもある留依さん

97期の首席で入団し
初詣ポスターモデルを務め
スター街道まっしぐら。

研5で回ってきた
新公「王家に捧ぐ歌」ファラオ役
(本役・寿)

新公とは思えない
歌唱力と演技力が評価され
いよいよこれから!という矢先…

ケガ休演。

心配されましたが、半年後には復帰し
そこから巻き返しにかかります。

・新公「エリザベート」フランツ
(本役・真風)
新公初主演「王妃の館」北白川右京
(本役・朝夏)

そして留依さんの実力を轟かせたのが
「オーシャンズ11」のマイク役
上手かったな~。

これからどんどん
活躍の場が広がるだろうなと
期待していたのですが、

それは路線という形ではなく
個性的な男役や、存在感タップリの娘役が
まわってくるようになります。

記憶に新しいのは
「カルト・ワイン」チャボ。

チャポは裏社会のポスでありながら
お茶目な一面があり、そのさじ加減が絶妙。

まさに「男役 留依蒔世ここにあり」の
名演でした。

そういえば
留依さん以外の退団者もみんな
「カルト・ワイン」にご出演でしたね。

留依蒔世 (97期)
希峰かなた (99期)
琥南まこと (100期)
惟吹優羽 (101期)
花城さあや (101期)

コロナの影響で、とつぜん公演が中止になり
収録も配信もされなかったため
もうこの作品を見られる機会はありません。

それがほんとうに残念です。

『あーちゃん』と呼ばれ
組子のみんなに愛されている留依さん。

ほのぼのトークも聞いていたいですし
演じてほしい役や、歌って欲しい曲が
まだまだたくさんありすぎて…

退団されるのは本当にさびしいです。

ですが、留依さんの決められた道を
応援したいと思います。

このご時世ですから、とにかく
『ぶじに明日の幕が上がりますように』と
毎日毎日祈っております

留依さんら退団者のみなさんが
組子たちに囲まれて
笑顔で幸せな千秋楽を迎えられますように。

【宙組】公演中止期間延長について・真風涼帆「NEVER SAY GOODBYE」
亜音有星・風色日向・鷹翔千空/宙組の若手スターたち
宙組トップコンビ・真風涼帆、潤花について
演出変更前後!宙組「デリシュー」感想
タイトルとURLをコピーしました