ざわつく宙組!まさかとは思うけど…

宙組芹香天彩不仲 宙組

現在、宙組は
『HiGH&LOW/Capricciosa!!』
東京公演真っ只中。

退団を発表された
真風さんと潤花さんを中心に
回を重ねるごとに
組のパワーと団結力が増しているようです。

そんな中
ショーのある場面に注目が集まり
ざわついている件について
個人的に思うことを記したいと思います。

芹香斗亜×天彩峰里の関係

宝塚ファンをやっていると
なかなか受け入れられないことってありますよね。

この現場を実際に目撃したときが
まさにそうでした。

『Capricciosa!』の中詰めです。

『Capricciosa』の芹香×天彩

3組のデュエットダンスが楽しめる
ステキなシーン。

真風×潤花
芹香×天彩
桜木×水音

相手役とニコニコ笑顔を交わす
真風さんや桜木さんをよそに、

芹香さんは天彩さんと目も合わせず
笑顔も見せず
ただ淡々と踊られていました。

天彩さんが笑顔で見つめているにも関わらず、です。

まさかと思いましたが
先日の東京遠征でもそうだったので
夢ではなかったようです。

この状況をどう捉えたらいいのか戸惑いますし
そりゃあファンもザワつきますよね。

みなさんの見解は以下の2つ。

①不仲説
②演出説

①不仲説

まだ正式発表はありませんが
次期トップに芹香さん
トップ娘役に天彩さんが有力視されています。

ともに充分なキャリアを積んで
舞台人としても人としても成熟した二人に
ささやかれる不仲説。

個人的には二人の仲が悪いとは思いません。

もし本当に仲が悪いのであれば
舞台上では隠そうとするでしょう。

数年前のはなしですが

トップコンビが銀橋で向かい合って
お辞儀するときに
笑顔どころか目線も合わせていないと話題になったことがあります。

実際、その様子を客席で見たのですが
明らかにおかしい二人の様子に
さっきまでの夢の世界はどこへやら!

一瞬にして現実に引き戻されました。

その某トップが退団される直前に
「彼女(相手役)とは心がすれ違ったときもありました」と正直にお話しされていて

あぁ、やっぱり。と腑に落ちたのを覚えています。

そして何を隠そう
その時に2番手だったのが芹香さんなのです。

すれ違うトップコンビを一番近くで見ていた
芹香さんが、相手役が嫌いだからと
大衆の面前で目線を合わせないなんてことをするでしょうか。

個人的には、するとは思えません。

では、いったいなぜ?演出?

②演出説

芹香さんの名誉のためにも
演出や振りだと思いたいのですが、

3組のカップルが並び
残りの2組はラブラブなのに
芹香さんだけ塩対応の演出なんて不可解ですね。

しかし、このショーは他にも不可解な演出があります。

ミラノの場面
真風さんが潤花さんの背中をそっと押して芹香さんに託すという演出。

これを見たときに、潤花さんは残留して芹香さんと組むのだなと思いました。

しかしフタを開けてみると
潤花さんは真風さんと添い遂げ。

もちろん潤花さんの夢が叶ったことは
喜ばしいのですが
「あの演出は何だったんだ」
疑問が残ります。

なので芹香さんが笑顔を見せないのは

「もしかして相手役は天彩さんではなく、他のだれか?」などと

SNSを逆手にとった話題づくりなのかなと。


そんなヤキモキさせずに
すんなり次期トップを発表しちゃってください。

それにしても、微笑む相手役さんに
視線も合わせないなんて
不仲でも演出でも、見ていていい気はしませんね。

まさかとは思いますが

もし芹香さんが次期トップじゃなかった場合
もし天彩さんが相手役じゃなかった場合


それこそシャレになりません。

芹香さんにとって大切な時期だけに
いろいろ過敏になってしまいます。

本来、芹香さんは楽しい話題が似合う人。

つぎは、とびっきり明るく楽しい話題で盛り上がりたいですね。

まずは『HiGH&LOW/Capricciosa』
東京公演の完走を心から願っております。

宙組千秋楽・真風涼帆「泣くの?泣くのね」NEVER SAY GOODBYE感想
宝塚戻りチケットの不思議!完売したハズの宙組公演『El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-』『アクアヴィーテ( aquavitae)!!』
宙組「FLY WITH ME」ライブ配信感想・真風涼帆、潤花、芹香斗亜
宙組全国ツアー沖縄千秋楽「バロンの末裔/アクアヴィーテ」
タイトルとURLをコピーしました