大炎上!星組東京先着・ファンクラブチケットについて

ハッと気づくと朝7時!あわてて友の会にアクセスを試みるも入れるはずもなく諦めたのですが、

そのあと大変なことが起こったみたいですね。

大炎上!星組先着つながらない

『同時に複数端末での利用はできません』という見慣れない文字が表示されたり、カートに入れたのにバグって決算できなかったり…

なすすべがないまま時間が過ぎていくなか、電話で買えたという人が現れて、XにはWeb会員の焦りや怒りのポストで溢れていました。

結論としてはシステムメンテナンスが影響したようですが、よりにもよって超超超チケット難の星組公演で。

最近よく「私設ファンクラブに入ればチケット確保できますか?」という質問をいただくのですが、

ファンクラブのチケットこそ自力ではどうすることもできない不確かなものです。

ご用意してもらえたらラッキーくらいに思っていたほうがいいかもしれません。というのも…

ファンクラブチケットについて

たとえば自分と友人分のチケットを5公演申し込んだとします。

2枚×5公演=10枚

申し込みは基本S席の金額にサポート代を上乗せして振り込みます。

申し込みが完了したからといって「よし、これで友人と一緒に5公演観られる!」とはいかないのがファンクラブ(会)チケットなのです。

おそらく申し込み用紙に『※チケットがご用意できない場合は公演◯日前までにお知らせします』という文言が記されているでしょう。

多くのファンクラブが公演3日前としていますが、なかには前日という会もあるのだとか。

遠征のときは気が気ではありませんね。(ちなみにお断りのメールはこんな感じです→「◯月◯日◯時公演のチケット確保に尽力いたしたしましたが、力及ばず、ご本人様とご友人様のチケットをご用意することができませんでした)

なんだかんだいって宝塚人気は衰えることなくチケット争奪戦は激化する一方。

ファンクラブに入っているからといって全員にチケットが回ってくるはずもなく、

人気公演の場合はバンバンお断りの連絡がきて、けっきょく1公演も観られなかったということも珍しくありません。

気まずいのは友人と一緒に観劇する予定だったのに「ご本人様のチケットは確保できましたが、ご友人様のチケットはご用意できず申し訳ございません」という連絡がきたときです。

自分も断られたほうが気が楽ですよね。(気持は分かりますが、バレないだろうと自分のチケットを友人に回すのは止めた方がいいかと。見つかったときにペナルティが)

で、チケットが確保されても次に待ち受けているのは席種の問題です。

公演当日チケットを受け取りにいくと「すみません、B席になります」なんて言われることも。(観られるだけでありがたいので問題なしです。なかには「SS席のご用意できましたので差額お願いします」って言われているVIP会員さんもいますが)

「1回も公演を観られないのにファンクラブに入ってる意味ないじゃん!」って諦めるなかれ。

多くのファンクラブでは『キャンセル待ち』というシステムを導入しています。

何らかの都合で当日キャンセルが出たチケットを希望する会員に分配するというもの。

まぁこれはこれで大変なんですけど。

事前に日付を指定してキャンセル待ちの申し込みをし、当日、開演10分前に指定場所に集合。

希望者が多い場合は 抽選やらじゃんけんやらで勝者のみチケットを手に!わざわざ宝塚まで足を運んだのに敗者はそのまま帰宅するしかなく…

そもそもキャンセル待ちが出ないこともありますし。(ちなみに『キャンセル待ちのキャンセル』は不可なため、キャンセル待ちを申し込んだ日は必ず当日劇場に集合してください。じゃないとペナルティが)

公式にせよ私設にせよ、宝塚ってチケット取るの大変ですよね。

にも関わらず今回の星組公演では『RRR』目当てなのか、(宝塚初観劇と思われる)男性客が多くてビックリ。みなさんどうやってチケットを確保されたのかしら。

さて、星組先着でサイトに不具合が生じた件について、劇団はコメントを出すのか、それともスルーするのか、

その後の対応に注目したいと思います。

原田諒氏 宝塚歌劇団を提訴・手記を読んで
「礼真琴にやれと言われたので」愛月ひかる涙と笑いのマノン千秋楽
極美慎ブレイクなるか!
第55回宝塚舞踊会♪礼真琴さん舞空瞳さんトップお披露目というより初仕事
タイトルとURLをコピーしました