覚悟が必要!星組『1789』配役発表について・瀬央ゆりあ 有沙瞳

覚悟が必要?星組『1789』配役発表について・瀬央ゆりあ 有沙瞳 星組

星組『1789‐バスティーユの恋人たち‐』ポスターが公開され、

キャストが今にも飛び出してきそうな圧に思わず笑ってしまいました。

ロナン・礼真琴 (龍真咲)
オランプ・舞空瞳 (早乙女わかば/海乃美月)
アルトワ・瀬央ゆりあ (美弥るりか)
デムーラン・暁千星 (凪七瑠海)
ロベスピエール・極美慎 (極美慎)
アントワネット・有沙瞳 (愛希れいか)

以下、星組人事についてデリケートな内容含みますので読み進めご留意ください。

星組『1789‐バスティーユの恋人たち‐』配役について

マリーアントワネット・有沙瞳

月組の初演ではトップ娘役の愛希さんがマリーアントワネットを演じていましたが、

星組版で舞空さんが演じるのはオランプ。(すでに発表済)

ゆえに有沙さんがアントワネットだろうと予想されていましたが、まさにその通りになりましたね。

ひときわ目を引くアントワネットの豪華な衣装。(初演の愛希さんの衣装も相当重そうでした)

それを身にまとい朗々と歌う有沙さんの姿は王妃そのものの迫力があるのではと期待しています。

と同時に、

『王家に捧ぐ歌』のアムネリス
『赤と黒』のレナール夫人

娘役2番手の域をこえた破格の扱いがつづき、

さらに『1789』で過去にトップ娘役がやった大役アントワネットを演じるとなれば、それは覚悟しなくてはいけないのかなとザワザワ。

ポスターまでインし、餞別だとささやかれるのも無理はありません。

大劇場公演も東京公演も千秋楽(1回)のみサヨナラショーが出来てしまう日程だと言われていますが、

通常(千秋楽1回のみ)サヨナラショーの資格があるのはトップ娘役と男役2番手だけです。

したがって有沙さんクラスの別格であっても単独でサヨナラショーをすることはありません。しかし…

アルトワ・瀬央ゆりあ

どこか中性的でいままでにない雰囲気の瀬央さん、ステキですね。

初演の美弥さんのように妖艶さを押し出すのか、瀬央さん独自のキャラを確立するのか、いまから楽しみです。

『1789』は番手ぼかしに最適な演目なので、2番手が定まっていない星組だから当てられたのかと思っていましたが、どうもそうではなさそうです。

いえ、演目発表の時点では番手ぼかしである必要がありましたが、

公演がはじまると瀬央さんが2番手羽根を背負って階段降りをするのではないかと。

つまり1作だけ正2番手に上げられサヨナラショーが行われる。

そしてその『瀬央ゆりあサヨナラショー』に有沙さんの見せ場が用意されていると考えると いろいろしっくりきて…(個人的見解です)

私はずっとタカスペや110周年で95期(神7)が並ぶ姿が見たいと言い続けていますが、今春から研15になる95期も、

いつその時がきてもおかしくない学年なので集合日が怖いです。

で、意外だったというか、劇団の本気を知ったというか…

ロベスピエール・極美慎

ロベスピエールが暁さんではなく極美さんでしたね。

『1789』は番手ぼかしに最適だといいましたが、

過去ロベスピエールは元月組トップ珠城さんが演じていたことから、やはりこの役が路線本命だったんだと。

なので、星組の次期本命の暁さんがロベスピエールだろうと予想した人は多いのではないでしょうか。

大勢の民衆を率いて地面を踏みならしながらパフォーマンスする見せ場も、ダンスの得意な暁さんだと締まりますしね。

もちろんどの役だったとしても暁さんが星を継ぐ者なのは間違いないとは思いますが。

しかし劇団はあえて暁さんにロベスピエールを当てなかった。

それはつまり…

極美さんの育成が本格化したということなのだと思います。

礼真琴→暁千星→極美慎

組替えもなくこのまま順調に引き継がれるかは分かりませんが、

極美慎を上げていくぞ!という劇団の本気が見えた配役発表となりました。

ポスターに写る極美さんは華があってとってもステキですし、このまま順調に人気・実力ともに伸ばしていってほしいなと思います。

瀬央さんと有沙さんの去就など気がかりなこともありますが、

ドラマティックでスケールの大きい『1789』は、礼真琴さん率いる今の星組にピッタリだと思いますのでとても楽しみにしています。

笑顔でパッション!星組千秋楽感想「RRR/VIOLETOPIA」
2021星組ロミオとジュリエット初日観劇感想①ロックをやらせたら天下一品!
礼真琴・誕生日アドリブ!星組「柳生忍法帖/モアー・ダンディズム」
演出家の発言に思う!星組「1789」千秋楽感想
タイトルとURLをコピーしました