雪組「夢介千両みやげ/Sensational!」観劇感想・彩風咲奈、朝月希和、朝美絢、和希そら

雪組夢介感想 雪組

宝塚大劇場前の「花のみち」は満開の桜。

桜の季節にぴったりの雪組公演
「夢介千両みやげ/Sensational」観劇して来ました。(SS席)

夢介千両みやげ/Sensational ざっくり感想

「夢介千両みやげ」

大衆演劇吉本新喜劇松竹新喜劇を混ぜたものをミュージカルにした娯楽作。(←伝われっ!)

親からもらったお金をもって修行にでた夢介が、そのお金でトラブルを解決しながら世の中の道理を学んでいくというお話。

このお話では正統派の二枚目やピュアなヒロインは存在しませんので、宝塚らしいゆめゆめしさは望めません。

しかし義理人情がじっくり描かれているので、観ていてあたたかい気持ちになります。

朝美さん扮する総太郎をはじめ、夢介が修行先で出会う人たちのキャラの濃いこと。

この日の公演は客の反応がものすごく良くて、キャストが何か言うたびにドカンドカンうけていました。

映像とセットを融合させ舞台に奥ゆきを広げた手法はお見事。
ザ・演歌!な音楽もやみつきになります。

「お手を拝借!」
ラスト彩風さん音頭の三本締めもしっかり参加してきました。

周りの方も多数参加され劇場に多幸感充満。

「Sensational」

このショー楽しすぎて一瞬で終わってしまいました。

さっきの三枚目キャラと本当に同一人物ですか?と目を疑いたくなるほどオラオラ色気ふりまく雪男たち。

彩風さんを筆頭に黒燕尾の男役たちがズラ~ッと銀橋に一列に並んでのパフォーマンスがむちゃくちゃカッコよくて、このシーンだけでも通える。

・組替えされた和希さんは歌もダンスも見せ場あり
・退団する綾さんには神聖でステキな「はなむけシーン」あり
どちらも感動的。

和希さんと綾さんの共演が最初で最後かと思うと胸がつまります。

娘役だけの銀橋シーンも
下級生たちの銀橋わたりも
目が足りないという嬉しい悲鳴。

極めつけは彩風さんと朝月さんの熱~~~い濃厚キス
すごかった~。

出演者別感想

彩風咲奈

彩風さんは「のんびりお坊っちゃまと見せかけて実は誰よりも賢く勇敢な男」を演じさせたら天下一品。
ちょいダサなのにカッコいいという掴みどころのない夢介を軽やかに演じていて、ほんと魅力的だわ~。

彩風さんは夢介のときは奥手でウブで硬派だったのに、ショーになると一変!
朝月さんをグッと強引に引き寄せたり、吸い付くような激しい濃厚キス。

夢介とのギャップにやられました。

アラジン風のパンツをはいても脚の長さが際立つのはさすがです。

朝月希和

惚れた男のために改心する健気なお銀は朝月さんの当たり役ですね。
和物の所作の美しさや啖呵を切るセリフ回しがうまい!
夢介に一目ぼれして突然「惚れちゃたのさ~」と歌う朝月さんに大笑いしました。楽しいシーンです。

ショーは男役たちを従えて歌うシーンは貫禄たっぷりに、
デュエダンは優雅なダンスに加えドレスさばきまでうつくしく、本当にステキでした。

朝美絢

「なんせこの顔、モテてモテてしょうがない」
このセリフを言うたびに客席大ウケ。
朝美さんご自身もノリノリで楽しかったです。

着物のきこなしや所作に品があり、色男オーラが全身からにじみ出ていました。
こぶしの効いた演歌歌唱が抜群にうまい!
ショーの軍服もカッコよかったなぁ。

和希そら
17歳という微妙な年ごろの少年を、時に大人びたり子供じみたりしながら自在に演じて上手かった~。


ショーはキレのあるダンスがカッコイイのなんの。
彩風さんと対になって踊るシーンは瞬きを忘れて魅入ってしまいました。


歌もうまいし、和希さんに出来ないものはないということを組替え初の公演で改めて証明しましたね。
はやくも雪組にしっかり馴染んで組の大きな戦力として舞台をひっぱっていって頼もしかったです。

雪組「夢介千両みやげ/Sensational」
軽く爽快なお芝居と見どころ満載の熱いショー。
お芝居とショーのバランスがよく気軽に何度も見たい公演です。

彩風咲奈「ODYSSEY」和希そら東上!月城かなと先行画像
朝美絢・2番手羽根を背負って1年、これから
速報!新VISAイメージガール永久輝せあさんに決定!
ちょっぴり辛口!雪組「シティーハンター」感想・ネタバレあり
タイトルとURLをコピーしました