鳳月杏について思うこと

鳳月について 花組

6月20日は鳳月杏さんのお誕生日です。

そして2022年の6月20日は
鳳月さんが単独表紙を飾った
グラフの発売日でもあります。

そんな偶然あります?

「宝塚ドリーム」とか
「奇跡の人」と表される
鳳月さんについて記したいとおもいます。

鳳月杏について

初めて鳳月さんを認知したのは、
2012年・月組バウ「春の雪」でした。

感情を抑えた演技に
研6らしからぬ深みがあり
引き込まれたのを覚えています。

2013年「ベルサイユのばら」
新公でアンドレを演じたものの
主演にカウントされず

残念なことのように思えますが
主演をしてしまうと縛られることも多くなります。

鳳月さんご自身も
「(下級生時代は)群衆芝居を多く経験し周囲をよく見てきた」と語られているとおり、

主演をしなかったことで得られた視野の広さ。

それが主演も脇役も両方できる
「今」につながっているのかなと。

そして鳳月さんを語るうえで外せないのが
組替えです。

鳳月さんの組替えが発表されるたびに、こんな噂が流れました。

・月組→花組「明日海さんが呼んだんだな」

・花組→月組「珠城さんが呼び戻したんだな」

まさかトップの一声で人事が決まるなんて
信じていませんが、

鳳月さんがひっぱりダコだということには
当時も今も納得です。

珠城さん、明日海さん、芹香さん、
柚香さん、月城さん…
ほんとに皆さん鳳月さんのこと好きですよね~。

鳳月さんの高い舞台スキルと人柄の良さ。
さらに、
後輩の指導に長けているという点にも
着目したいとおもいます。

本番前の過ごし方について

鳳月「私の場合は人と接した方がいいかなと。話し掛けたことのない下級生をつかまえてダメ出しします」

下級生つかまえてダメ出しって…
思わず笑ってしまいました。

男役という特殊な芸において
直接熱心に指導をしてくれる存在が
どれだけ大切か。

明日海さんも鳳月さんのことを
「下級生をよく指導してくれて有難い」と。

鳳月さんはいわゆる路線ではなく
実力でチャンスをつかんできた人なので
指導に説得力があるのでしょう。

鳳月さんのことを尊敬する下級生も
多いのではないかと。

花組でも月組でも
鳳月さんの影響を受けてるなと感じる
下級生いますよね?

あの子なんてビブラートの波長が
鳳月さんソックリ!(誰とは言いません、笑)

鳳月さんの役替わり人生について
衝撃だったのは
2018年「あかねさす紫の花」

トップ(明日海)との役替わりは前代未聞。

しかも2番手の柚香さんが
出演されているのにも関わらずです。

何がどうなってこの配役になったのかは分かりませんが、

色気と凄みを利かせた中大兄皇子は
最高にステキで観られて良かった~。

イレギュラーな役替わり万歳!!

ですが、トップの役をやるくらい
別格になってしまったら
今後はどうなるの?と
ちょっぴり不安になりました。

そんな不安を一気に吹き飛ばしてくれたのが
「カサノバ」コンデュルメル夫人。

そうか、こっちがあったか。(えっ!どっち?笑)

鳳月さんは月組に帰還直後に東上を果たし、

あれ、もしかしたら もしかするかも!と
期待した矢先の博多座2番手羽根。

そして続く「今夜ロマンス劇場で」でも
2番手羽根を背負い、お祭り騒ぎとなりました。

嬉しかったなぁ。

鳳月杏のこれから

新公主演していなくても
2番手になれるという意味で
鳳月さんは「宝塚ドリーム」の
体現者だと認知されています。

ただそれは運だけではなく
一つ一つ積み上げてきた努力と実力です。

誰もが認める正2番手となった
鳳月さんですが、

この先は、トップになるか
退団するかの二択になります。

月城さんが短期で退団するとは思えませんし
他組で鳳月さんがトップになるという可能性も…う~ん。

だからといって
風間さんが3番手になったばかりの今
鳳月さんがすぐに退団することはないのかなと。(期待を込めて)

あらためまして鳳月さん
お誕生日とグラフ単独表紙おめでとうございます。

知れば知るほど
鳳月杏というタカラジェンヌは面白い。

次回公演「ギャツビー」も2回目の東上「ELPIDIO」も楽しみにしています。

鳳月杏2回目東上「ELPIDIO」・月城かなと全ツ「ブラック・ジャック」
見どころ満載!月組公演「今夜、ロマンス劇場で/FULL SWING」に期待
花組ニュース「TOP HAT」「冬霞の巴里」
風間柚乃について思うこと
タイトルとURLをコピーしました