亜音有星・風色日向・鷹翔千空/宙組の若手スターたち

宙組アンダー100期の活躍 宙組

宙組「HiGH&LOW」の新人公演が
ぶじに行われたそうで、なによりです。

若者の闘争や初恋を描いた「HiGH&LOW」は、荒削りだけどエネルギーに満ちた新公と相性がいいと好評ですね。

そこで今回は、宙組のきらめく若手スター
亜音さん、風色さん、鷹翔さんについて記したいと思います。

鷹翔千空・風色日向・亜音有星

宙組アンダー100期・路線トリオ

新公時代から本命を明確にする雪組とは違い、宙組は数人を平行して育成するという方法をとっています。

この育成法がよかったのか
思いのほか よく育ち、着実に力をつけている3人がいます。

鷹翔千空(101期)
風色日向(102期)
亜音有星(103期)

宙組は真風さん、芹香さん、桜木さんの3人がどっしりと真ん中にたち、つづく瑠風さんや紫藤さんも安定感抜群。

しかし「HiGH&LOW」で、留依さんをはじめ97期~101期の中堅どころがごっそり退団することが決まっています。

組内のバランスが変わることは必至ですね。

そこで、これから宙組の大きな戦力になっていくであろう鷹翔さん、風色さん、亜音さんら若手に注目が集まっています。

3人は、それぞれ新公主演回数が2回と
並んではいるのですが…

鷹翔千空・101期

101期の首席であり、初詣モデルにも選ばれた鷹翔さん

歌、芝居、ダンスと全てが安定し、個性的な役から正統派な二枚目まで なんでも来い!という芸達者っぷりが魅力です。

風色さんや亜音さんの追い上げにドキリとすることもありましたが、

新公卒業と同時に「HiGH&LOW」ではポスター入りを果たし、まるまる一場面与えられるなど、2人を突き離すかたちとなりました。

そして次回バウ主演を取り、さらに大きくリード。

風色日向・102期

研7の風色さんは新公の長の期です。

したがって前回の「ネバセイ」が最後の主演となり、主演回数は2回で確定。

風色さんは万人うけする現代的なスタイリッシュさと、歌もお芝居もそつなくこなす器用さが魅力。

2025年の大阪万博アンバサダーでもあり、新公を卒業し、これからさらなる活躍が期待されます。

亜音有星・103期

あともう一年、新公主演のチャンスがある研6の亜音さん

長身ぞろいの宙組においてもパッと目を引く華やかさ。

愛くるしいベビーフェイスからは想像もつかないガッツが魅力。

亜音さんは、おそらく次回「カジノ・ロワイヤル」で、もう一度主演を取ると予想されます。

そしてもし、この作品が真風さんの退団公演ということにでもなれば、さらに劇団の本命度が増すでしょう。

宙組の若手スターのこれから

宙組のきらめく若手スター
鷹翔さん、風色さん、亜音さん。

101期、102期、103期と学年がひしめく3人が、これからも律儀に順番どおり上げられるとは考えにくい。

真風さんの任期はともかく、その後のトップが芹香さんだとして、さらにそのあとは、宙組悲願の生え抜きトップに桜木さん?

他組から誰かがやってくることなく、平和に組内でトップが入れ替わったとしても、あと何年もかかります。

そしてその間、鷹翔さん、風色さん、亜音さんに、学年順にバウ主演を経験させ、そのあとも順番に番手を上げていくのは、やはり無理があるのではと思います。

では、どうするのか。

同列育成ではなく、あるときから明確に差をつけることになるでしょう。

それともう一つは、組替えでクリアにする。

個人的な予想としては、3人に差をつけたり、それ以下の学年が追い抜かすことは避け、この中の誰かが組替えすることにより解決する方法を取るのではないかと。

とはいえ、宙組では175センチ超えはめずらしくありませんが、大きなキラキラオーラをまとった彼女たちは、他組では群を抜いて目立つこと必至。

よって、他組との兼ね合い、
風色さんのアンバサダーの件や
亜音さんは新公があと一年残っているということもあり、
組替えに関しては劇団も慎重にならざるを得ないのでしょう。

こうしてみてみると、宙組はコロナ禍においても下級生のスターがしっかり育っていて頼もしいですね。

鷹翔さん、風色さん、亜音さん。
今後もこの3人から目が離せません。

明日「HiGH&LOW」を観劇予定です。
新公を経て本公演がどう変化しているのか楽しみです。

宙組公演中止期間延長・星組KAAT公演実施と休演者
シャーロキアン絶賛!宝塚歌劇宙組「シャーロック・ホームズ」観劇感想をうけて
イモトアヤコさん真風涼帆さんと遭遇~からの~エル・ハポンご観劇
真風涼帆が長期トップだからこそ
タイトルとURLをコピーしました