2024年宝塚カレンダー掲載者発表目前!今年の答え合わせ

2024年宝塚カレンダー掲載者発表目前!今年の答え合わせ 宝塚歌劇のいろいろ

今年ももう8月ですね。

2022年は8月13日に、2023年は8月18日に、『翌年のカレンダー掲載者』の発表がありました。

2024年版の発表もそろそろです。

そこで来年の掲載者予想と今年の答え合わせをしていきたいと思います。

2024年宝塚カレンダー詳細発表目前に思うこと

2023年カレンダー・3番手について

まず2023年の最大の特徴として、トップコンビと2番手までだったスターカレンダーに3番手(3番目)まで掲載されることになったことが挙げられます。

2023年宝塚スターカレンダー
[表紙]永久輝せあ・舞空瞳
[1月]礼真琴
[2月]瀬央ゆりあ・海乃美月
[3月]暁千星・潤花
[4月]真風涼帆
[5月]朝美絢
[6月]月城かなと
[7月]水美舞斗
[8月]芹香斗亜
[9月]柚香光
[10月]桜木みなと・星風まどか
[11月]鳳月杏
[12月]彩風咲奈

3番手(3番目)4名が新規に登場しましたが、和希さんは入っていませんでした。

答え合わせとしては永久輝さん、暁さん、桜木さんが2番手になるという匂わせだったということです。

瀬央さんに関しても動きがあると暗示していたのですね。

上に変化がなく3番手ステイの和希さんが区別された理由が分かったように思います。

ポスターカレンダー移行の意味

2023年は卓上カレンダーからポスターカレンダーに移行したのは風間さん1人だけでした。

昨年移行した永久輝さん、和希さん、暁さんは年内に東上を果たしたので風間さんにも期待がかかりましたが叶わず。

一方、瑠風さんは移行しませんでしたが『大逆転裁判』で東上初主演を果たしています。

翌年に東上するかどうかはポスカレ移行とは関係がなさそうです。

若手男役について

宝塚卓上カレンダー(2023年)
[花組]帆純まひろ・聖乃あすか・一之瀬航季・侑輝大弥希波らいと
[月組]夢奈瑠音・蓮つかさ・英かおと・礼華はる・彩海せら
[雪組]諏訪さき・縣千・咲城けい
[星組]綺城ひか理・天華えま・極美慎・碧海さりお・天飛華音
[宙組]紫藤りゅう・瑠風輝・鷹翔千空・風色日向・亜音有星

(※太字は初掲載者)

新公主演した人が全員掲載される卓上カレンダー。

2024年は七城雅さん稀惺かずとさん紀城ゆりやさん瑠皇りあさんらが初掲載予定です。

大きく変わるステージカレンダー

2023年宝塚ステージカレンダー
[表紙]トップスター5名/トップスター5名
[1月]真風涼帆/永久輝せあ
[2月]月城かなと/朝美絢
[3月]海乃美月/凪七瑠海
[4月]鳳月杏/潤花
[5月]水美舞斗/瀬央ゆりあ
[6月]舞空瞳/彩風咲奈
[7月]柚香光/夢白あや
[8月]聖乃あすか/瑠風輝
[9月]和希そら/星風まどか
[10月]芹香斗亜/極美慎・縣千
[11月]礼真琴/風間柚乃
[12月]暁千星/桜木みなと

バウ以上主演経験者とトップ娘役が掲載されるステージカレンダー。
2024年は初掲載者が多そうです。

水美さんと瀬央さんが専科へ。元宙組トップコンビが抜け、春乃さん、鷹翔さん天飛さん礼華さんらが初掲載予定。

2023年・掲載月の答え合わせ

2023年スターカレンダーとステージカレンダーから人事の答え合わせをしてみましょう。

1月と4月掲載の真風さんと3月4月掲載の潤花さんは予想どおり添い遂げとなりました。

さらに芹香さんはスタカレ掲載が8月でプレお披露目とバッチリ!

一方、掲載月が2月3月でフラグが立ったと思われた海乃さんは退団回避という結果に。

こうして見るとカレンダーは万能ではなく、人事を推測する1つのツールでしかないということが分かります。

しかし後から振り返って『なるほど』と思えることもたくさんあり興味は尽きませんね。

2024年のカレンダー掲載者&掲載月発表をとても楽しみにしています。

男役から娘役に転向したジェンヌに思うこと
公演の中止と再開に思うこと
各組ニュース!雪組公演実施・宙組楽曲提供・月組別箱・花組柚香光・星組…
ポーの一族初日観劇感想③明日海りおエドガー編
タイトルとURLをコピーしました