水美舞斗「高見を目指す」花組大千秋楽感想

うたかたの恋大千秋楽 花組

花組『うたかたの恋/ENCHANTEMENT-華麗なる香水』

約1年半ぶりの東京公演完走おめでとうございます。

4名の退団者(華雅りりかさん、春矢祐璃さん、都姫ここさん、花翔ひかりさん)の勇姿と水美さんの花組ラストを配信で見届けました。

花組『うたかたの恋/ENCHANTEMENT』千秋楽感想

柚香光は苦悩する運命?

演目が発表されたときは「お正月から心中モノ?」と戸惑いましたが、桜の季節に観るとルドルフとマリーの刹那的な恋が妙にハマって惹きこまれました。

違和感のあった小柳先生の新演出も、柚香さんに当てた『半オリジナル』だと捉えるとルドルフの苦悩にスポットを当てたのは花組版としては正解だったんだなと。

華雅りりかさんも「れいちゃん(柚香)は『ノクターン』の頃から苦悩する(役を演じる)運命だったのよ」と。

そうおっしゃる華雅さんのエリザベートはマリーのセリフのとおり『美しくて優しくて気高くて』素晴らしかったです。

最後に良い役に出会えてよかったですね。

【余談】ビジュアル最高の令和花組版を観られて良かったとは思いますが、柴田演出にしろ小柳演出にしろ、役の少なさや幕前芝居の多さ、抑揚のないストーリー展開ゆえ大劇場ではもったいないという印象は変わらず。

水美舞斗「高見を目指して」

やはり『ENCHANTEMENT』の群舞で柚香さんからサプライズがありましたね。

柚香さんが内ポケットからそっと取り出したのは青いバラ。

そのバラを水美さんのポケットに刺して二人でニコニコ見つめ合っていたかと思ったら…

水美さんが勢いよく柚香さんにハグ!

サプライズを仕掛けた柚香さんが逆におどろいていて微笑ましかったです。

青いバラの花言葉は「奇跡」「夢は叶う」なのだとか。

この花言葉が壮大な匂わせだったらと期待せずにはいられない。(深読みし過ぎですね)

『ENCHANTEMENT』
水美さんアドリブ
「花組最高!」
「これからも愛してます」
「あなたの愛は俺が守る」

水美さんのアドリブやごあいさつも覚悟を感じさせるものでした。

水美さん緞帳前ごあいさつ
「14年間苦楽を共にした大切な花組の皆さまや、かけがえのない柚香光とのご縁は財産です。花組に配属されたからこそ出会えた花組の皆さまやお客様に出会えたことも心から幸せに思っておもいます。花組で学んだことを胸に、新たなステージでも高みを目指して精進してまいりますので今後とも応援よろしくお願いいたします」

水美さんが花組を離れるのは寂しいですが、ご本人の口からこんなに頼もしい言葉が聞かれて力をもらった人も多いのではないでしょうか。

「花男、水美舞斗さんっ!よろしくお願いします」という柚香さんの粋な計らいにより水美さんの音頭で『花組ポーズ』。

水美さんも柚香さんも組子たちも、みんなとびきりの笑顔で幕が降りました。

拍手が鳴りやまず緞帳前に出てきた柚香さん。

(叶うことなら)お客さまお一人おひとりと握手をして、肩を組んでそのまま日比谷公園に行きたいです。あはは。そのくらい皆さまには感謝しております。本当にありがとうございました」

ハケ際に投げキッスを飛ばし、客席から「ひぃや~っ!」と声が漏れていました。

多幸感に満ちたステキな千秋楽だったと思います。

さて次はいよいよ水美さんの(本当の)花組ラスト公演ですね。

ディナーショーの成功と水美さんの今後ますますのご活躍、

華雅さんをはじめ退団者の人生がこれからも幸多きものでありますよう願っています。

そして柚香さん主演『二人だけの戦場』、聖乃さん主演『舞姫』も楽しみにしています。

柚香光・星風まどかベタ褒め!花組「元禄バロックロック/The Fascination!」制作発表・水美舞斗 永久輝せあ
明日海りおさんが「宝塚の宝」になった時代!サヨナラ特別番組『Never forget you』花組編
花組ポスターが出たけれど…「鴛鴦歌合戦」
花組ニュース「TOP HAT」「冬霞の巴里」
タイトルとURLをコピーしました