宙組「FLY WITH ME」ライブ配信感想・真風涼帆、潤花、芹香斗亜

宙組フライ感想 宙組

東京遠征でガイズ&ドールズと
雪組さんは観劇できたものの、

宙組「FLY WITH ME」はチケットが確保できず、関西に帰りライブ配信を視聴しました。

宙組「FLY WITH ME」全体感想

LDHとのコラボということで、
もっと治安の悪いものになるのかと思っていましたが、

そこは安心安全の宝塚。

衣装もゴージャスで品のあるものばかりでしたし、外部の振り付けでも指先まで神経をゆき届かせた美しいダンスは、さすがタカラジェンヌだったと思います。

リサイタルは趣向を凝らした面白いプログラムでしたね。

まさかチューチュートレインを歌舞伎風にアレンジするなんて!!

驚きを通りこして大笑いしてしまいました。

真風さんの人生劇場も、芹香さんや潤花さんとのトークも楽しかったです。

ですがコンサートが進むにつれ、

あれ?これはもしや真風さん退団モード!?と、

どんどん切なくなっていきました。

野口先生は花組「Beautiful Garden」で明日海さんにとびきりステキな退団匂わせ曲を歌わせています。

真風さんのために作られた曲「SEIZE THE DAY~今を生きる~」の歌詞にこめられたありがとうを深読みするなという方が無理ですね。

キャスト別感想

真風涼帆さん

どの衣装もピタッと体に吸い付くみごとな着こなし。

水を飲む角度やボトルを持つ手までカッコ良い。
隙のない真風さんにトキメキました。

いままで宝塚の男役を極めるために全てをかけてきたんだなと。

客のことを「エンジェル」と呼ぶことにしたのに、次の瞬間から「お客さま」と連発する律儀な真風さんが愛おしすぎました。。

芹香斗亜さん

芹香さんは期待どおり、歌って踊ってトークまで盛り上げて大活躍。

芹香「みんなにマネされると私の個性が消えるから、ピンクのサングラスの購入元は絶対に言わない!」

芹香さん安心してください。
そのサングラスを一般人がマネするにはハードルが高すぎます…笑

オーシャンズ11「JUMP」
真風ダニーとの親友っぷりがたまらなく好きだったので、もういちど観ることができて嬉しかったです。

紫藤りゅうさん

どんなときも透明感と品にあふれ、濃いメンバーのなかにおいて一服の清涼剤。

宝塚の歌はもちろん、どのジャンルも難なく歌いこなしていて頼もしかったです。

メイクの美しさは芸術的。

鷹翔千空さん

しっかり個性を打ち出して、イキイキ歌いおどる鷹翔さんに目が離せませんでした。

誰よりも楽しんでパフォーマンスしていて、観ていて気持よかったです。

すでにこの仕上がりだったら
本公演のハイローはどれだけ濃くなるの~?(期待しています)

亜音有星さん

天性の華やかなオーラに惹きつけらました。

亜音さんの歌がたくさん聴けて嬉しかったです。

ご本人は緊張されたでしょうね。(そんな風には見えませんでしたが…)

天彩峰里さん

このリサイタルに天彩さんがいて本当に良かった。

歌、ダンス、色気、天彩さんがすべて底上げしてくれていたように思います。

潤花さん

潤花さんの笑い声は聞く人を明るい気持ちにさせてくれます。

なぜ黒柳徹子のモノマネを?という疑問は置いておいて、

とにかく潤花さんは天真爛漫でかわいくて、

真風さんや芹香さんにすごく可愛がられているのが伝わってきました。

娘役トップとして、さらにダンスの求心力が増しましたね。

「HIGH&LOW」宣伝

コンサートの途中には「HIGH&LOW」の予告コーナーあり、惜しげもなくビジュアルを公開。

ストーリーは宝塚のために描き下ろされた新作だとか。

真風さんと潤花さんの切ない恋に芹香さんたちがどう絡むのか、ますます楽しみになりました。

宝塚とLDHコラボ第1弾は大成功。

この勢いのまま次回大劇場(コラボ第2弾)も突っ走ってほしいです。

イモトアヤコさん真風涼帆さんと遭遇~からの~エル・ハポンご観劇
真風涼帆の誕生日によせて
宙組全国ツアー沖縄千秋楽「バロンの末裔/アクアヴィーテ」
潤花の任期と芹香斗亜の相手役
タイトルとURLをコピーしました