彩風咲奈率いる雪組ムラからの変化「夢介千両みやげ/Sensational!」

夢介東京 雪組

久しぶりの東京遠征で

一日目は「ガイズ&ドールズ」を、

二日目は雪組「夢介千両みやげ/Sensational!」を観劇しました。
(B席2階後方サイド)

約二か月ぶりの雪組さん、

ムラで観るのとずいぶん印象が違いました。

雪組「夢介千両みやげ/Sensational!」東京感想

まずいちばん大きな違いを感じたのは彩風さん。

トップスターでなかなかここまで受け身の芝居はないという夢介。

ムラでは周囲の濃いキャラクターに見せ場をゆずるように控えめな演技だったのが、

東京ではみんなの芝居を受けつつ、しっかり舞台中央に君臨し特別大きな存在感を放っていました。

そして朝美さんはムラでは少々アドリブに気負いがり、総太郎というよりは『朝美絢』が強めに出ていたのですが、

東京では総太郎としてものすごく自然に面白味をだして、おもわず「上手い!」と唸りました。

和希さんの三太は急に大人になりました?

ムラではもう少し幼さを出した役作りでしたが、

声のトーンも低めで、にじみ出る色気も隠さない
大人びた三太にドキッとしました。

そして和希さんがストーリーテラーとして歌い出した瞬間、場の空気がしまるのは相変わらず。

場の空気がしまると言えば、八丁堀の旦那こと桜路さんの粋なセリフ回しがとくに素晴らしくて、

桜路さんが何がことばを発するたびに、より本格的な時代劇になるのステキだったなぁ。

縣さんは遊び人の金さんからお奉行様に変身したときのメリハリがとっても良かったです。

二階席後方から観ても縣さんはひときわキラキラ華やかでした。

妃華(浜次)さんをはじめ、娘役のドスの効かせ方もパワーアップして、コメディとしても女の切ない生き方を表現するという意味でも申し分のない表現力。

組全体として、ムラではそれぞれが自分のキャラクターづくりに一生懸命で芝居が少し空回りしていた印象でしたが、

東京では役が自然にとけこんでスッキリ。

キャラクターを楽しみつつ、単純に物語を楽しめるようになっていました。

やはり舞台は生もの、そして進化するのですね。

東京宝塚劇場はムラよりもキャパが少なくコンパクト。

それが功を奏し、芝居小屋で観ていような感じが「夢介千両みやげ」の世界観に合っていました。

そして雪組の進化と団結力を感じる素晴らしいお芝居でした。

ただ、ショーは少し失速。

もちろん個々は素晴らしくて、

彩風さんの無駄のないスマートなダンス、

朝月さんはダンスの求心力が増していましたし、

お二人のデュエットダンスのシンクロ率もさらに上がり、それはそれはステキでした。


朝美さんの相変わらず華やかなこと。
ことあるごとに二階席にまでしっかり笑顔で視線を送るサービスっぷり。

和希さんは芸達者ぶりがさらに進化し、抜け感まで出ていました。

縣さんら下級生たちも個々の見せ場ではアピールがパワーアップして楽しい。

みなさん個々ではムラよりも見せ方が上手くてドキッとする瞬間が増えています。

しかし連日公演のお疲れがでているのか、スタミナを加減しているのか(悪いことではありません)

大人数で踊るシーンは明らかにムラで観劇したときよりもスピード感が落ちていました。

気温も上がってきましたし、体力的にも本当に大変なのでしょう。

どうかお怪我のないようにぶじに千秋楽を迎えられますように。

千秋楽のライブ配信で雪組の皆さんのとびきり元気な笑顔が観られること楽しみにしています。

朝美絢さん他 休演中に雪組生が向かった場所とは。
退団なし?組替えなし?聖乃さん風間さん極美さん縣さん風色さん♪2025年国際博覧会アンバサダー就任
明日海りおさん♪映画館でタカラヅカスペシャル2019ご鑑賞
よろこびと心配!新人公演ライブ配信決定「シティーハンター」
タイトルとURLをコピーしました