公演中止の前日「ガイズ&ドールズ」

ガイズ 宝塚OG

明日海りおさんと望海風斗さんご出演
『ガイズ&ドールズ』

明日海さんのお誕生日である6月26日は
明日海りおファンクラブ貸切公演だったそうです。

しかし当日になって公演中止が発表されました。

前日の公演をマチソワ観劇したのですが、どちらの公演も大いに盛り上がっていただけに、突然の知らせに衝撃を受けました。

公演中止前日公演「ガイズ&ドールズ」感想

初日に観劇したときは多くの出演者に緊張とかたさがみられましたが、

約2週間が過ぎ、すっかりこなれた軽妙なやりとりに作品のオシャレ感が高まりました。

望海風斗・アデレイド

とくに自由度が増したのが望海さん。
アドリブでも大いに客席を沸かしていました。

ネイサンと結婚して主婦になったら…と妄想するシーンで、

マチネ「ハンバーガー作りたい!ハンバーグ?ハンバーガー?ん?何が違うのかしら?まっ、いいか」(ニュアンス)

違いが分からなくてキョトンとするアデレイドちゃん可愛かったです。

ソワレ「スプーンの真ん中に穴が開いてるから交換してもらわなきゃ」(ニュアンス)

水切りおたまのことを穴が開いたスプーンだと勘違いするアデレイドちゃん。

「この公演はアドリブは禁止されている」と井上さんがイープラス貸切ご挨拶でおっしゃっていたので、まさかこんなに可愛いアドリブが聞かれるなんて嬉しい驚きでした。

それにしても望海さんの芸達者なこと。

ネイサンに振り回されて怒ったり泣いたり喜んだり、とにかく演技がキュート。

セリフから歌にすんなり入れる歌唱力の高さ、
ダンサーさんを従えておどる求心力は流石。

主要キャストの誰よりも歌い踊っているのに余裕すら感じました。

さらに望海さんらしいなと思ったのが、アデレイドが老眼鏡をかけるところ。

このシーンは初日から客の反応が良かったのですが、老眼鏡をかける前に一瞬の「溜め」が入れ、しっかり笑わせてくれるサービスっぷり。

望海アデレイドはしっかり者。
ネイサンのことが大好きなんだけど、策略家な一面があります。

浦井ネイサンは結婚を先延ばしにしているくせに、アデレイドが離れてしまうことを何よりも恐れているといった感じで宝塚版とは印象が違います。

浦井さんのやさしい歌声にアデレイドを想う気持ちがこもっていてキュンとしました。

あの声で愛してる愛してるって言われたらねぇ~。笑

明日海りお・サラ

姿勢をピンと正して颯爽と歩き、全身にまとう潔癖なオーラがサラそのもの。

殴ったり怒鳴ったりしても声や動きに男役をいっさい感じさせないところに、明日海さんの徹底した役作りが垣間見えました。

最初は反発していたスカイに心惹かれていく過程がたまらなく可愛い。

初日に比べ、セリフも歌も得意な発声に寄せて表現の幅が広がったように思います。

とくに望海さんとのデュエットは歌とセリフの垣根がなく素晴らしかったです。

〇スは宝塚版だと信じて疑わなかったので、明日海さんと井上さんの〇スを初日は見逃していました。

なるほど。
リアルですがサラの心が動く美しいシーンです。

公演中止前日・元気いっぱいのキャスト

井上さんはカンパニー全体を手中に収めた圧倒的存在感。

田代さんは歌の印象が強かったのですが、熱く力のはいった演技に惹きつけられました。

未沙さんが登場すると心地いい安心感。
「素晴らしい!」「さぁ、讃美歌を歌いましょう」
クスっと笑わせるセリフの間が絶妙。

この日はマチソワともキャストの皆さんが絶好調で最高の舞台でした。

カーテンコールはいつからお手振り合戦になったのでしょうか。
幕が降りきる瞬間まで、キャストたちが地面にしゃがみこんで激しくお手振り。

ウエディングドレス姿でかがみこむ望海さん、
スカート姿で屈伸しながらお手振りする明日海さん、
男性キャストの互いを巻き込んだワチャワチャ。

カテコまで個性豊かでとても楽しかったです。

みんな元気いっぱい(のように見えました)

ですので翌日に公演中止が発表されたときは信じられずしばらく呆然。

さらに一夜明け、7月6日までの中止が発表され言葉もありません。

感染された方のはやいご回復と、
公演が再開された暁にはぶじに完走できることを願っています。

大阪初日!京本大我・咲妃みゆ「NEWSIES」ご挨拶レポまとめ
爆笑トーク!望海風斗ゲスト出演・早霧せいな20th Anniversary Concert ‘SOMEWHERE`
望海風斗が語るトップになれたワケ・受験生にアドバイス・新たな夢
明日海りお「マドモアゼル・モーツァルト」カテコご挨拶まとめ
タイトルとURLをコピーしました