ミュージカル「INTO THE WOODS」感想レビュー

woods 宝塚OG

望海風斗さん退団後初出演のミュージカル
「INTO THE WOODS」観劇してきました。

(S席1階センター)

本記事後半に少し残念な感想ありですので読み進めご留意ください。

INTO THE WOODS 感想レビュー

子供のころに読んだおとぎ話の多くはハッピーエンド。

しかし、幸せという名の欲望を叶えるために誰かを犠牲にしていたらどうでしょう。

「INTO THE WOODS」は、そんなおもしろい視点で描かれた作品でした。

豪華な出演者

豪華な出演者。

望海風斗さん、湖月わたるさん、朝海ひかるさん。

元宝塚トップスターが3人も!!

しかもここは梅田劇術劇場。

これって、タカスペですか? 笑

その他にも宝塚OGの方がご出演で、みなさん遺憾なくプロフェッショナルぶりを発揮されていていました。

テレビで拝見する羽野晶紀さんや古川琴音さんは、さすが芸能人!という可愛らしさと華やかなオーラ。

ミュージカル界ではおなじみの廣瀬友祐さんと渡辺大輔さんはコミカルなやりとりで会場を沸かしたかと思うと、しっかり歌で聞かせて流石です。

鈴木令奈さんは美しいソプラノで客席を魅了。

【カテコ】福士誠治さんは望海さんと投げキッス対決で楽しませてくださいました。

福祉さん投げキッス→客席拍手!
望海さん投げキッス→客席大大大拍手!

悔しがる福士さん、笑顔の望海さん。

サービス精神旺盛なお二人のやりとりに和みました。

INTO THE WOODS 辛口感想レビュー

望海さん絶賛レビューを書いて終わりたいところですが、いつもこのサイトをご覧くださる方に向け、正直な感想を綴りたいとおもいます。

ここから残念なことを記しますのでマイナスのことに触れたくない方は、以下、読み進めご注意ください。

観劇前から評判は耳にしていたので、ずいぶんハードル低く臨むことにしました。

ですので、数名キャストの歌のようなもの(失礼な言い方スミマセン)を聞いた衝撃よりも、客席の凍りつく空気にショックを受けました。

歌う方も聴く方も…いたたまれない時間…

この数名キャストの歌唱中、失礼ながら私の脳内は「舞台人の基礎を叩き込む宝塚の新人公演って上手くできてるなぁ。」と新公システムについて思いを馳せていました。

数年後、このキャストたちが別のミュージカルで朗々と歌う姿が観られたら、今日のことは新公並みのプレミア公演だったと微笑ましく思うのかな。(決してキャストや新公をディスったり軽んじているわけではありません)

大きなお世話なのは承知の上で、

せっかく良い御縁があってミュージカルの舞台に立たれたのですから、この公演が終わってもボイストレーニングを続け、いつかセリフや歌の垣根なく自在な表現ができる演者さんになっていただきたいです。

心から応援しています。

演出家はこの作品がミュージカル初演出だそうです。

この点も宝塚的だと「〇〇先生、××公演デビューおめでとうございます。」と、あたたかく受け入れるところでしょうか。

しかし、2000人キャパの梅芸でやるには舞台の使い方や人物の配置がこじんまりしていて勿体ないというのが正直な感想です。

今後演出される(であろう)ミュージカル作品に期待!

ミュージカル「INTO THE WOODS」

人間の本質な部分にふれる深い作品を観たのにも関わらず、歌がどうの、演出がどうのと、浅はかな感想をつらつらとスミマセン。

これも己の問題ですが、最近のミュージカル演出家の多く(特に宝塚)は、客が見たいものを観せるのが上手くて、いつのまにかそれに慣れ過ぎていたことを痛感しました。

できることなら「INTO THE WOODS」をもう一回観劇して、作品の本質的な部分をじっくり自分のなかに落とし込めたいところです。

改めて記述するまでもなく、望海さんの魔女は素晴らしいの一言。

そしてなにより、カンパニーが一体となってこの状況下を乗り切り、完走を目前としていることに敬意を表したいとおもいます。

ぶじに千秋楽を迎えられますように。

最後までお読みくださりありがとうごさいました。

↓ポチッと応援おねがいします。

エドガーはいた、明日海りおである。再び。
明日海りおさん千秋楽お花渡しが羽桜しずくさんで良かった
神戸公演感想・明日海りお 「1st Concert -ASUMIC LAB-」
瀬奈じゅん月組観劇「月城の安定安心感・鳳月の大羽姿に泣いた」
タイトルとURLをコピーしました