真風涼帆ファンの皆さんへ

真風ファンへ 宙組

真風さんのファンの皆さまへ

宝塚とLDHがタッグを組んだ話題作
「HiGH&LOW」の初日が迫り
ワクワクしている中

次回大劇場公演の演目が
発表されましたね。

『カジノ・ロワイヤル~我が名はボンド~』

スーツ姿の真風さん
カッコいいでしょうね。
今から楽しみで仕方がありません。

そんな嬉しい気持ちを共有したくて
開いたSNS。

イヤでも真風さんの
去就についての言葉が
目に飛び込んできます。

それを見て悲しい気持ちになった方も
いらっしゃると思います。

本日の記事では
デリケートなことに
一切触れておりませんので
安心して読み進めください。

小池修一郎・宙組「カジノ・ロワイヤル~我が名はボンド~」

真風涼帆と小池修一郎

小池先生の新作は
雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」
以来です。

理事を退いた小池先生が
新作を手掛けるなんて
よっぽど思い入れのある作品なのでしょう。

ついに真風涼帆という
ボンドを演じられる役者が現れ
『その時が来た!』ということですね。

宙組「カジノ・ロワイヤル~我が名はボンド~」
演出・脚本/小池修一郎
大劇場公演・2023年3月~4月
東京劇場・2023年5月~6月

「カジノ・ロワイヤル」は
ボンドがまだ「007」になる前
お話しです。

公演のサブタイトルに
「アクションロマネスク」とありますが
アクションだけでなく
カジノのシーンも多い。

ボンドたちの勝負の行方にハラハラドキドキ。

そして、騙しだまされる頭脳戦の合間に
ボンドの恋愛もきっちり描かれています。

ということは…

カッコよく正装してポーカーする
キレモノの真風さんも、

美女たちとからむ
色気全開の真風さんも、

どっちも見られるなんて最高では!

真風さんのジェームズ・ボンド
楽しみでしかありません。

小池先生といえば
一幕ラストのキャスト大集結が有名です。

たとえば「オーシャンズ11」

オーシャンズメンバーが
一列で舞台うしろに向かって歩き
途中、ダニーだけが振り返る神演出。

真風さんのカッコよさにシビれました。

「カジノ・ロワイヤル」でも
とびきりステキな一幕ラストシーンを
期待しています。

そして一本物は音楽も重要。

真風さんは「アナスタシア」のころ
格段に声の伸びがよくなったように思います。


その後、公演を重ねるごとに声量が増し

「ネバセイ」ワンハートは
真風さんの力強い歌声と
宙組のコーラスに圧倒されました。

さて、
そんな充実した歌唱力をもつ宙組に
いったい誰が曲を書くのでしょうか。

小池修一郎×ワイルドホーン
「ネバセイ」ダッグ再び!を
期待したいところですが

ワイルドホーン氏が手掛けるなら
大々的に宣伝があったハズ。

劇団所属の先生なら
「オーシャンズ11」愛した日々に悔いはない
「ポーの一族」愛のない世界
という傑作を生みだした
太田先生だと嬉しいな。

真風さんに当て書きされた名曲が誕生し
これからも再演が繰り返される
作品になったらいいなと思います。

「仕事だと思ってやっています」

宝塚トップスターを仕事だととらえ
自分に厳しく誠実に責任をまっとうする
真風さん。

そんなプロ意識の高い真風さん率いる
宙組だからこそ
コロナ禍においても
つねにクオリティの高い舞台を
提供し続けられるのだと思います。

とにかく真風さんの求心力と
組の団結力がスゴイ!

それにしても宙組は
上級生から下級生まで層があついですね。

真風、芹香、桜木、
瑠風、鷹翔、風色。亜音…

男役路線だけを見てもこの充実っぷり。

さらにほかの男役さんや
潤花さん、天彩さんら娘役さんが加わると
天下無双です。

来年の「カジノ・ロワイヤル」も
楽しみですが、
とにかく今は「HiGH&LOW」の
公開が待ちどおしい。

どうかぶじに初日を迎えられますように。

真風さんファンの皆さま
最後までお読みくださりありがとうございました。

『ほかの記事も読んでみよう』と
思ってくださるのは嬉しいのですが

記事によっては
すこし寂しい思いをさせてしまうかも
しれません。

「HiGH&LOW」を観劇しましたら
真風さんへの熱い想いを記事にしますで
楽しみになさっていてください。

芹香斗亜ディナーショーと宙組別箱振り分けについて
【宙組】5名の退団者発表「NEVER SAY GOODBYE」
宙組初日「シャーロック・ホームズ」「デリシュー」感想まとめ
宙組「HiGH&LOW」新人公演配役と雑談
タイトルとURLをコピーしました