注目の4作目!月城かなと海乃美月・月組『フリューゲル/万華鏡百景色』

注目の4作目月城海乃 月組

ここ数日、怒涛の公演発表ラッシュ。

本日は2023年月組大劇場公演
月城さんと海乃さん4作目の発表がありました。

月組『フリューゲル-君がくれた翼-』

ミュージカル
『フリューゲル -君がくれた翼-』
作・演出/齋藤 吉正

冷戦下のドイツ、ベルリンの壁崩壊…

切迫した時代の中で、国家人民軍の広報を担当する主人公(ヨナス)と自由奔放な歌姫(ナディア)は互いに惹かれ合っていく。
しかしそんな二人を秘密警察のヘルムートが監視していて…

シリアスな内容かと思いきや!

最後に『コミカルでハートウォーミングなミュージカル作品』と書いてあってズッコケました。笑

アンバランスなところ、齋藤先生らしいなと。

齋藤先生・大劇場ミュージカル作品
2007年・エルアルコン(星組)
2010年・TRAFALGAR(宙組)
2012年・JIN-仁-(雪組)
2016年・桜華に舞え(星組)
2019年・夢現無双(月組)
2019年・I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ
2021年・CITY HUNTER-盗まれたXYZ-

コミカルがどこまでコミカルなのかちょっぴり不安ではありますが、月組に完全オリジナルが当てられることは本当に嬉しい。

『今夜、ロマンス劇場』の健司が大好きだったので、海乃さんに振り回される月城さんをまた別の作品で見られるのが楽しみです。

見終わったあとにあたたかい気持ちになるステキな作品になりますように。

で、ショーが栗田先生なんですね。

栗田先生がお芝居で齋藤先生がショーの方がしっくりくるような…

月組『万華鏡百景色』

東京詞華集(トウキョウアンソロジー)
『万華鏡百景色(ばんかきょうひゃくげしき)』
作・演出/栗田 優香

栗田先生、大劇場デビューおめでとうございます。

2014年に宝塚に入団。
昨年(和希そら主演)『夢千鳥』でバウデビューを果たしたばかり。

そして今年上演された(桜木みなと主演)『カルト・ワイン』でも高い評価を受け、一躍人気演出家に。

両作とも観ましたが、栗田先生はとにかくセンスの良い先生だなと感じています。

万華鏡百景色も『東京の江戸・明治・大正・昭和・平成・令和を表現する現代的でレトロ』ということで、

月組の落ち着きを活かせる良いところに目をつけましたね。

粋な和物からクラシカルな洋装まで目にも嬉しく、古い曲から現代曲まで耳にも楽しい内容になるのでしょうか。とっても楽しみです。

ところで、少し気がかりなことといえば…

気がかりなこと

怒涛の演目発表が気になるところです。

月組のつぎは宙組なので
もしかしたら近いうちに宙組次期トップコンビとともにお披露目の発表があり、それに向けての調整だと予想しています。

そしてもう一つ、この作品で海乃さんが退団されるのかどうか。

上級生トップの朝月さんが3作で退団されたので、海乃さんの3作目が発表されたときも、タイトルの『Deep Sea』に、もしや?とザワつきました。

しかしこの公演で退団されることはなく安堵。

そしてつづく注目の4作目!

タイトルに匂わせがないので安心したいところですが、娘役の場合はタイトルと退団に関連がないことが多いので、しばらくヒヤヒヤが続きそうです。

月組は舞台の安定とは裏腹に、人事は気がかりなことが多い印象。

次期組長・副組長がだれになるか
鳳月さんこれから
風間さんの3番目というポジション。

そして海乃さんの任期と後任候補について、など…


やはり来年には他組も含むシャッフル人事がありそうです。

そんな気がかりはあれど
現在、月城さん率いる月組は絶好調!

公演が高く評価され、次回作への期待も大きい。

そしてなにより組の雰囲気がとてもよく
月城さん、海乃さん、鳳月さん、風間さん出演の『クリスマス特番』で、みんなが自然体で和気あいあいとした様子に好感を持ちました。

来年も『芝居の月組』ならではの
見応えのある舞台を楽しみにしています。

拍手問題!月組「桜嵐記」
フラグ?鳳月杏2回目のディナーショー開催
月城かなと「私の居場所は月組」海乃美月
月城かなと・望海風斗のことばを込めた「トップ就任記念グッズ」デザイン
タイトルとURLをコピーしました