朝美絢がスゴイ!雪組「蒼穹の昴」感想

蒼穹感想 雪組

雪組大劇場公演「蒼穹の昴」

前回の記事では全体の感想を記しましたが

今回は、朝美さんに特化した感想をお届けいたします。

ネタバレあり。思いがあふれて長文です

朝美絢の代表作に!「蒼穹の昴」感想

まず、彩風さん演じる文秀は最初から人格者でゆるぎない人物として描かれています。

それゆえ安定安心のトップ感。

それに対して、朝美さんが演じる春児
もともと原作の主人公というだけあって、波乱に満ちた人生が鮮明に描かれていて面白い。

各場面に見せ場があって、朝美さんの魅力を最大限に引き出す神演出。

この春児という役は、朝美さんにとって当たり役だと感じました。

少年時代

貧乏な少年時代(14~15歳)の春児(朝美)

糞にまみれたボロボロの服を着ていても、大きな瞳をキラキラ輝かせ、屈託なく野心を語る姿は純粋少年そのもの。

朝美さんの魅力の一つ
研14とは思えない少年性が活かされていると感じました。

高めの声と子供らしい振る舞いが、とにかく可愛らしい。

貧しいながら妹と母のために身を粉にして働く春児でしたが
兄のように慕っていた文秀(彩風)が
出世して遠くへ行ってしまう寂しさから、運命の歯車が狂い始めます。

占い師に言われた「おまえは西太后の財宝を受け継ぐ」という言葉を信じ、宦官になろうとする真っすぐな瞳、

「人の物を横取りするのは泥棒だ」と
文秀に責められた時の悲しさと怒りの混じった顔、

少年時代はとくに、コロコロと変わる表情がとっても魅力的でした。

結局、春児は失踪。

『忘れるもんか、親父や兄の死に顔を。いつか宝を手にしてみせる』

銀橋での熱唱に涙がでました。

朝美さん、また歌が上手くなりましたね。
歌詞の聞き取りやすさに加え、情感たっぷり。

そして、ついに草むらで自らの大事な部分を切り落としてしまいます。(セリフ解説のみ、描写なし)

少年時代だけで、このボリューム。

まだまだこれから朝美さんの見せ場は続きます。

宦官になる

つぎは、宦官になるための施設に入り
そこで生涯の師(眞ノ宮)と出会うところから…

伝説の京劇スターだった師匠(眞ノ宮)は
自分の余命が短いことを知り
才能ある春児に全ての技を教えました。

その期待どおり
西太后(一樹)の前で
みとごな舞を披露する春児。

この京劇シーンが朝美さん最大の見せ場なのですが、艶やかな京劇衣装をまとった美しい姿に息を飲みました。

宝塚の洋物でもなく、和物でもない独特の踊り。

それに立ち回りが加わった難易度の高い踊りなので、たくさんたくさん練習されたのだと思います。

スピーディーな立ち回りがとにかくスゴくて、客席から大きな拍手。

この立ち回りで、師匠が命を落とします。

その時の春児の悲痛な鳴き声と
朝美さんの目からこぼれ落ちる涙が
苦しくて苦しくて。

その宴に来ていた文秀(彩風)は
数年ぶりに春児(朝美)に声をかけ、感動の再会を果たします。

生き別れてから何年も経っているのに
しっかり者の兄とやんちゃな弟という
二人の関係が少年のときのまま。

朝美さんが彩風さんに見せる安心した表情が、役と重なりグッときます。

しかし、文秀(彩風)から母が死んだと知らされる春児(朝美)は、
たくさんお金を手にしたけど母が死んでは意味がないと嘆きます。

そして朝美さんの見せ場、

占い師の予言はでたらめだったと知っていて、それでも宦官になることを選んだと告白するシーン。

あっけらかんと言う春児(朝美)の明るさにギュッと胸が締め付けられました。素晴らしい役づくり。

つぎから次へといろんなことがあり
見ていてツライのですが

何があっても頑張り続ける春児朝美さんが重なり、思わず応援したくなります。

春児はついに西太后の側近になり、直接助言できる立場にまで上り詰めます。

しかしラストは、仕えている西太后(一樹)と、兄のように慕う文秀(彩風)が対立。

文秀を前にして「どうして文秀が死ななきゃいけないの」と
子供のように泣きじゃくる姿に、客席からすすり泣きが聞こえました。

春児の思いは少年時代からいつも文秀に向かっていたんだなと。

朝美さんの徹底した役作りに舌を巻きました。

一本物の歌唱指導は二番手が務めることが多いので、朝美さんではないことに戸惑いましたが

船で亡命する文秀と玲玲(朝月)を、春児が銀橋から見送る感動のシーンで幕

そりゃあ、歌唱指導に間に合いませんね。納得です。

フィナーレ

羽山先生振り付けの男役群舞も
娘役を従えてのダンスも惚れ惚れするほどカッコいい。

階段降りの水色の重厚感のある衣装もお似合いでした。

雪組「蒼穹の昴」

朝美さんの魅力がたくさんつまった見応えのある作品。

見せ場の連続で、集中力と体力が必要とされる難役だと思いますが、どの瞬間の朝美さんも素晴らしかったです。

初日が明けて間がないのに、この完成度。

これからどこまで進化されるのか楽しみです。

彩風咲奈 率いる雪組について
綾凰華「新しい道が怖くないと言えば嘘になる」雪組千秋楽配信感想
雪組・綾凰華退団!星組「王家の捧ぐ歌」宙組「ネバセイ」公演中止
彩風咲奈の魅力とこれから
タイトルとURLをコピーしました