天華えま・バウワークショップ『Stella Voice』初日に

天華えま・バウワークショップ『Stella Voice』初日に思う 星組

新たな気持ちで迎える4月1日。

本日からジェンヌさんの学年がまたひとつ上がりますね。

そんな始まりの日に、研12になる天華えまさん(98期)のバウワークショップ『Stella Voice』が初日を迎えます。

そこで本日は天華さんについて綴ろうと思います。

星組バウ公演『Stella Voice』初日によせて

天華えま・複雑な1年

コロナの影響により若手の育成が滞るなか、その救済策として当てられたのがバウワークショップです。

昨年公演された花組・帆純まひろさん(99期)と一之瀬航季さん(100期)のダブル主演『殉情』が記憶に新しいですね。

そして星組は天華えまさんで上演されることになったワケですが、

天華さんは新人公演を3回も重ね本命視されていたものの、なかなか次につながるチャンスが回ってこないままコロナ禍に突入。

そうこうしているうちに極美さんと番手が逆転し、同期の暁さんが組替えしてきて…

昨年は複雑な思いをした1年だったのではないでしょうか。

主な出演者ということ

そしてようやくバウが決まったと思ったら『主演』ではなく『主な出演者』という扱い

劇団は天華さんをどうしたいの~と思ってしまいますね。

2018年におこなわれたバウショーケース『New Wave! -星-』も、瀬央ゆりあさん紫藤りゅうさんは『主な出演者』として明記されていました。

さらにバウショーケース『Dream On!』(2019年)でも飛龍つかささん綺城さんは『主な出演者』と明記。

この公演は上級生の水美さんが特別出演し物議を醸しましたね。

今回のバウは天華さん以外は驚くほど若手のメンバーで、かつ、総勢17名という少人数。

【100期】 二條華
【102期】 紅咲 梨乃、 鳳真 斗愛
【103期】 紘希 柚葉、羽玲 有華、星咲希
【104期】 碧音 斗和、 世晴 あさ
【105 期】 稀惺 かずと、 大希 颯、 瞳 きらり、 彩紋 ねお
【107 期】 碧羽 陽、 世奈 未蘭、 詩花 すず、藍羽 ひより

それこそ特別出演があってもおかしくないのかなと。

しかしそれをしないのは、

天華えまと綺城ひかり

もしかしたらこの公演は天華さんと綺城さんのダブル主演(センター)で計画が進められていたのに、綺城さんの組替えにより天華さんひとりで務めることになったのかも?と、

別箱発表のあまりの遅さに憶測が憶測をよんだのも無理はありません。

天華えまのこれからについて

天華えまが率いる下級生

天華さんが率いるのは100期以下の下級生ばかり。

大劇場はおろか別箱で歌ったこともない下級生にとって 宝塚歌劇の名曲やミュージカル曲など歌唱を中心とした『Stella Voice』は、ハードルの高い公演になりそうです。

少人数ゆえ天華さんからじっくり指導を受けられる良い機会ですね。

それはそうと、

天華えまの進退

このワークショップが天華さんへの『餞別』だと捉える人もいるようですが、

綺城さんが組替えし、瀬央さんの進退がどうなるか分からない今、天華さんが辞めるとは考えにくく、

これからは別格スター枠で活躍しつつ下級生を育成する立場として花を咲かせていくのかなと個人的には思っています。

『新公主演をした別格スター』は どの組にも絶対にいなくてはならない貴重な人材ですので、劇団は彼女たちを大切にしてほしいなと思います。

いよいよ星組バウ・ワークショップ『Stella Voice』開幕!

真ん中で歌いおどる天華さんがとっても楽しみですし、天華さんにとってターニングポイントとなる公演なのはまちがいないと思います。

若手にとっても多くの学びを得る機会であり、アピールの場にもなるでしょう。
チャンスをつかんでほしいですね。

出演者ひとりひとりがキラキラ輝ける公演でありますように。

星組『JAGUAR BEAT』辛口感想
朗報!星組『ロックオペラ モーツァルト』ライブ中継決定
最前列で極美慎をみた!星組「ベアタ・ベアトリクス」感想
星組マノン初日感想まとめ☆「愛ちゃんの死」こと愛月ひかるご挨拶。
タイトルとURLをコピーしました