2023年宝塚カレンダー掲載月で分かるスターの今後

2023カレンダー掲載月 宝塚歌劇のいろいろ


ついに2023年宝塚カレンダー掲載月が発表されました。

スターカレンダーやステージカレンダーは
スターの人事(主に退団時期)がある程度分かる重要なツールです。

したがって、毎年のことながら
掲載月の発表には緊張が走ります。

それでは掲載月を確認していきたいと思います。

尚、人事についてデリケートな内容含みますので読み進めご留意ください。

2023年宝塚スターカレンダー・宝塚ステージカレンダー

宝塚スターカレンダー

[表紙]永久輝せあ・舞空瞳
[1月]礼真琴
[2月]瀬央ゆりあ・海乃美月
[3月]暁千星・潤花
[4月]真風涼帆
[5月]朝美絢
[6月]月城かなと
[7月]水美舞斗
[8月]芹香斗亜
[9月]柚香光
[10月]桜木みなと・星風まどか
[11月]鳳月杏
[12月]彩風咲奈

宝塚ステージカレンダー

[1月]真風涼帆/永久輝せあ
[2月]月城かなと/朝美絢
[3月]海乃美月/凪七瑠海
[4月]鳳月杏/潤花
[5月]水美舞斗/瀬央ゆりあ
[6月]舞空瞳/彩風咲奈
[7月]柚香光/夢白あや
[8月]聖乃あすか/瑠風輝
[9月]和希そら/星風まどか
[10月]芹香斗亜/極美慎・縣千
[11月]礼真琴/風間柚乃
[12月]暁千星/桜木みなと

真風涼帆・潤花・芹香斗亜について

真風さんはステカレが1月、スタカレが4月掲載です。

4月~6月は『カジノ・ロワイヤル』の公演中ですので、おそらくこの作品がサヨナラ公演になるのではと思います。

気になるのは、潤花さんの掲載月が3月と4月という点です。

現在公演中のショー『Capricciosa!!』で、

真風さんが潤花さんの背中を押し芹香さんに託す
という意味深なシーンがあり、

てっきり潤花さんは残るとばかり思っていましたが…

もしかして添い遂げなのかもしれませんね。

芹香さんのお披露目は夏の別箱と予想されます。

月城かなと・海乃美月・鳳月杏について

海乃さんの掲載月は2月と3月で
これは次回大劇場公演「応天の門」の公演月と重なります。

「Deep Seaー海神たちのカルナバルー」

ショーのタイトルも海乃さんを連想させるものですので、覚悟はしておいた方がいいのかなと。

月城さんは2月と6月
鳳月さんは4月と11月

お二人とも「応天の門」での退団はなしということで、後半まで在団確定です。

彩風咲奈・朝美絢について

朝美さんの掲載月は2月と5月。

「ライラックの夢路」が4月~7月公演なので、公演よりも掲載月がはやいことに驚きました。

他のスターさんの兼ね合いで
2月と5月になったと思いたい。

しかし95期も研15になりますので
朝美さん、水美さん、瀬央さん、桜木さんの今後に目が離せません。

彩風さんは6月と12月ですので
年内の退団はないことが分かります。

礼真琴・舞空瞳・瀬央ゆりあについて

瀬央さんの掲載が2月と5月でドキッとしました。

「ディミトリ」での退団はありませんが
その次の公演に注目が集まります。

舞空さんの掲載月も前半ばかりで心配されていますが

表紙は退団時期に影響しないとの見方がありますので、大丈夫かなと思います。

となると、予想どおり舞空さん礼さんと共に長期突入です。

柚香光・星風まどか・水美舞斗について

柚香さんは、7月と9月
星風さんは、9月と10月
水美さんは、5月と7月

大劇場公演期間とも重なりませんし
花組は安泰と言えるでしょう。

星風さんの(宙組から数えて)9作目が確定。

柚香さんも順調に長期突入となります。

カレンダーの掲載月を見る限り
来年も多かれ少なかれ各組で動きがありそうですね。

退団、お披露目、専科移動、組替え…

スターの今後について興味は尽きませんが、

来年こそは、1公演も欠けることなく
彼女たちが心からの笑顔で舞台に立てることを願っています。

各組ニュース!雪組公演実施・宙組楽曲提供・月組別箱・花組柚香光・星組…
60秒動画公開ダイキンCM☆聖乃あすか・風間柚乃・極美慎・縣千・風色日向/宝塚歌劇団
ポーの一族初日観劇感想③明日海りおエドガー編
成田美寿々さん東京宝塚劇場にピアノ寄付♪鳳月杏さんとご対面
タイトルとURLをコピーしました