公演の中止と再開に思うこと

中止と再開 宝塚歌劇のいろいろ

現在、月組、花組、雪組(青年館)公演が中止となり、

あらたに花組の中止期間延長が発表されました。

新人公演においては、何かしら救済措置が取られるのではと期待しております。

思い返せば、コロナの影響で、はじめて宝塚公演が中止になったのが2020年

そこから良くなるところか、2年経った現在、劇団にとってもっとも深刻な状況です。

過去の公演中止を振り返るとともに、
コロナ禍における、出演者の心情に迫ってみたいと思います。

2年前より悪化する宝塚の現状

関係者のだれひとり感染していなくても、公演が中止になった2020年。

東京都で数十人の感染者が出て、日本中がコロナの恐怖におののいていた頃です。

第1回緊急事態宣言により、
劇団は約4か月の公演中止を発表しました。

2020年・中止公演
・花組「はいからさんが通る」※
・月組「赤と黒」「出島小宇宙戦争」
・星組「眩耀の谷」
・雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」※「NOW!ZOOM ME!」「炎のボレロ」
・宙組「FLYING SAPA」
・宙組「壮麗帝」

※花組「はいからさんが通る」
前楽まで中止でしたが、千秋楽当日のみ公演実施となり、華形ひかるさんを送り出すことができました。

残念ながら、柚香さんは、トップお披露目公演から「巡礼の年」まで、一作も完走できていません。

※雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」

千秋楽公演がスカイステージで生放送され、劇団の対応に賛辞が送られました。

このころ「#愛してるよ宝塚歌劇団」というハッシュタグが生まれ、

劇団やジェンヌさんへの激励のことばが
広くSNSで拡散されるように。

当時のことをOGさんが
「(ファンの皆さんが)届かないかもしれないエールを送り続けてくれ、胸が熱くなりました」と。

想いは届いていたんだと大感動。

2021年・中止公演
・星組「ロミオとジュリエット」
・花組「アウグストゥス」※
・宙組「ホテルスヴィッツラハウス」「夢千鳥」※

※花組「アウグストゥス」
千秋楽は無観客配信され、華優希さん瀬戸かずやさんが退団されました。

「今後、退団する人が、このような景色(真っ赤な客席)を見ることがないように、このような(悔しい)想いをすることがないよう願っています」

瀬戸さんのご挨拶に泣きました。

※宙組「夢千鳥」
たった4日間しか公演できなかったこともあり、宝塚初のディレイ配信実施。

2022年・公演中止公演
・花組「元禄バロックロック」「巡礼の年」
・月組「グレート・ギャツビー」
・雪組「ODYSSEY」※「心中、恋の大和路」
・星組「王家に捧ぐ歌」「ザ・ジェントルライアー」「めぐり会いは再び」
・宙組「NEVER SAY GOODBYE」「カルト・ワイン」

※雪組「ODYSSEY」
1月国際フォーラム全公演が中止となり、綾凰華さんはこの公演に出演することなく、次作「夢介千両みやげ」で退団されました。

8月「ODYSSEY」梅芸公演は
現在公演中です。

2022年夏、日本全国で感染者数が過去最多となり、舞台を取りかこむ状況は厳しい。

中止の発表が、当日、開演数十分前という最悪のケースも珍しくなくなりました。

先日、博多座で「ガイズ&ドールズ」を観劇したときのエピソードです。

オーケストラの最初の音が鳴った瞬間、

前の人が、となりの人と顔を見合わせ
「よし、始まる」と安堵されていたのが印象的でした。

公演中止について、出演者もさぞかし悔しい思いをされていると思っていましたが、内心はもっと複雑なようです。

公演中止における出演者の本音

井上芳雄さんのコラムに興味深い文がありました。

帝劇で公演ができなかった間、キャスト同士はLINEグループで励ましあっていました。「東京の千秋楽はやりたいね。1日だけでもやれればいいね」と希望をつないでいたのですが、それも中止となったので、みんなショックだったろうと思います。LINEでも誰も何も言わなくなったので、僕が口火を切らないと言いにくいのかなと感じて、「ちょっとほっとしたような、悔しいような気持ちです」と送りました。帝劇の最終日だけでもやれれば、お客さまもこちらも多少は救われるんじゃないかと思う一方で、カンパニーのそれぞれがどういう状況にあるか分からないし、焦って再開して、万全じゃないものをお客さまにお見せするのは違うだろうから、これでよかったんだという気持ちでした。

日経エンタテインメントより

『もちろん公演は上演したい、でも万全ではないものを見せられない』

井上さんや、ガイズのキャストのみならず、

タカラジェンヌもそうでしょうし、

舞台に立つすべての方が、このジレンマを抱えているのではないでしょうか。

長期にわたる苦境のなかでも
十分な稽古期間が取れない場合は
公演を延期したり、感染者の名前を公表しないなど、

一貫して生徒を守ることに徹する
劇団の姿勢はすばらしいとおもいます。

花組、月組、雪組(青年館)のみなさんが
公演再開時に万全の状態で舞台に立てることを願っています。

本日8月7日、雪組「ODYSSEY」千秋楽。

退団された綾さんをふくめ、
彩風さんら雪組生のいろんな想いのつまったこの公演を、

配信でしっかり見届けたいと思います。

オデッセイ号がぶじに出航し、
良い航海になりますように。

宝塚お茶会コロナウイルスの影響で中止か?
月組次回作にみる劇団の戦略
宝塚・令和の「ベルサイユのばら」柚香光、月城かなと、彩風咲奈、礼真琴・真風涼帆
年末特別番組「THE SONG ~感謝を込めて~」セットリスト
タイトルとURLをコピーしました