花組全国ツアー完走!柚香光について思うこと

花組フィレンツェ名古屋 花組

花組全国ツアー『フィレンツェに燃える/Fashionable Empire』

千秋楽を迎えました。

コロナの煽りを一番受けている花組ゆえに
全公演完走は感慨深いものがあります。

本記事では
どんな困難な状況でも前向きに
組を牽引し続けるトップスター
柚香さんについて記したいと思います。

(想いがあふれて長文です)

柚香光について思うこと

柚香光の歩み

柚香さん(95期)といえば
下級生のころから抜擢され
あれよあれよという間に2番手に。

そして若くしてトップに上り詰めた
順風満帆スターというイメージがあります。

実際、研3で出演したショー『Le Paradis!!』は破格のあつかいで、

銀橋で大先輩に混じって堂々とパフォーマンスしている姿に『ただ者ではない』と感心したのを覚えています。

・新公主演は3回
・研6にしてバウ初主演
・研7で3番手
・研9で初東上
・研10で2番手
・研11でトップ

停滞することなく順調そのもの。

選ばれし強いスターだということがわかります。

星組の礼真琴さんと何から何まで
抜擢スピードが同じというのも興味深い。

コロナ禍でのトップ・数々の試練

プレお披露目の『DANCE OLYMPIA』を終え

さぁこれから大劇場お披露目!というときに始まったコロナ禍。

就任したばかりなのに
コロコロと変わるガイドライン対応
組子のフォロー、ファンへの気遣いなど
それはそれは大変だったと思います。

さらに

・華さんが2作組んだだけで退団

・人気だった『まかまどコンビ』を引き離す形で行われた星風さんのスライド人事

・上級生2番手の瀬戸さん退団、異例の無観客配信

・水美さんと永久輝さんの羽根問題

・私設ファンクラブ問題

表面に見えているだけでもこれだけズラっと。

しかし、試練が訪れるたびに
人間としてもトップとしても
大きくなっていく柚香さん

全国ツアーで見せた余裕

『フィレンツェに燃える』は
盛り上がりもなく単調なので
だんだん客席の温度が下がっていくのが伝わるのか、ショーでサービス満点。

衣装の裾をヒラリとなびかせて余裕の笑顔。

客席狙い撃ちの指差しウインク。

客席には王冠をもっている人も多く
待ってましたとばかりに大盛り上がり。

『地方の柚香光人気』を目の当たりにしました。

組子とも積極的にアイコンタクトを取っていて、柚香さんに見つめられた組子の反応は様々。

照れたり、ニコニコ笑顔を返したり…微笑ましかったです。

名古屋初日の柚香さんは
全ツ最終地にたどり着いた高揚と安堵でカテコも饒舌。

「宝塚入る?演出家になる?作曲する?いろいろあるよ!ねっ、入る?」

客席の男の子をスカウトする柚香さんに客席ホッコリ。
組子もニコニコ。

「宝塚は古いものや新しいもの、アニメや映画と幅広くやってますので、ぜひ他の組の舞台もご覧ください。宝塚を見続けると良いことがありますよ」

さりげなく他組の宣伝までする優しい人柄に魅了された方も多いのではないでしょうか。

客席にアンケートを取ったり
地方で少し解放された柚香さんが見られて嬉しかったです。

最近はどうしても水美さん永久輝さん番手問題にばかり注目が集まります。

しかし…

任期は長期?星風と同時退団?

トップ充実期にさしかかり
大人の渋さもチョイ足しされた
柚香さんから目が離せないなと。

柚香さんの任期が中期なのか、長期なのか
気になるところです。

個人的には最低でも110周年までは
在団してくれると願望をこめて
長期だと予想しております。

柚香さんと星風さん
ファッション関係のスポンサーがつく
宣伝効果バツグンのカップル

そのため、すぐに解体されることはないと思いますが、

同時退団かと言われれば
正直、その可能性は低いのではないかと。

それは花組で長らく同時退団がない
ということだけでなく
相手役を尊重するという組カラーにも表れているように思えるから。

明日海さんの言葉で印象的なのが
『いつも支えてくれた相手役を主役として送り出したい』

トップコンビが同時退団の場合
どうしても男役が主となり
娘役さんは一歩下がっているという印象です。

2組に渡ってトップを務めてきた
星風さんを主役として
華々しく送り出すシナリオが出来ているのかなと。

そこで花組エリザベート論につながっていくワケですが↓

なにはともあれ
われわれの願いとしては

柚香さんが一作でも多く真ん中で輝いていてくれることです。

あらためまして
全国ツアー完走おめでとうございます。

しばらくゆっくり体を休めてください。

バウチームも完走できますように。

そして2チームが合流する次回大劇場公演「うたかたの恋」も楽しみにしております。

花組「銀ちゃんの恋」OG続々ご観劇・愛される水美舞斗
明日海りおさん千秋楽お花渡しが羽桜しずくさんで良かった
お花渡し史上に残る名言!望海風斗さんが明日海りおさんへ「生まれ変わってもまた一緒にやろう。」
希波らいと柚香光への愛が爆発!花組新人公演「元禄バロックロック」
タイトルとURLをコピーしました