真風涼帆「うるさいのは一人でいい」『MAKAZE IZM』配信感想

真風涼帆「うるさいのは一人でいい」『MAKAZE IZM』配信感想 宙組

真風涼帆リサイタル『MAKAZE IZM』配信視聴しました。

真風さんの歴史をふりかえる宝塚曲やJ-POPの名曲に彩られたステキなリサイタルで大感動。

先日観劇したときも驚きましたが↓

本日の「モンスター潤花」もスゴかったです。

真風涼帆リサイタル「MAKAZE IZM」配信感想

石田先生による『MAKAZE IZM』は、歌を中心とした王道の構成に好感が持てました。

手拍子など適度な客席参加も、実際には実現しなかった『風と共に去りぬ』が見られたのも嬉しかったです。

若手が扮装して真風さんの歴史を振り返るシーンは、優希さんが『アナスタシア』だったことも含めて神演出だと思いました。

そして寿さんの哀愁漂う「Mr.ボージャングル」が一気に大人な世界へ連れていってくれて、場がグッと締まったように思います。

瑠風さんは歌もダンスもちょっとした小芝居も抜群に上手い。

天彩さんの華やかなこと。
場面ごとにガラッとヘアスタイルを変えていて流石。ますます次期トップに期待が高まります。

真風さんがていねいに歌い上げる曲はどれも胸に迫るものがありました。

その中でもとくに感動したのは
吉田拓郎さんの『人生を語らず』

「いまはまだ人生を語らず」という歌詞が真風さんにも重ねられて自然と涙が。
組子たちの厚みのあるコーラスも素晴らしかったです。

というように本編も充実した内容で聴きごたえがありましたが

「リサイタルの印象がこれだけだったらどうしよう」

真風さんが心配されていたとおり、やはりあのコーナーのインパクトは強烈でした。(以下ニュアンスです)

モンスター潤花コーナー

潤花さん、桜木さん、松風さん、寿さんのトークコーナーで
潤花さんによる『真風さんに愛を伝えるサプライズ企画』が持ち上がったのですが…

これが、まぁ大変!!

「マ カ ゼ イ ズ ム さ い ご ま で ぶ ち あ が っ て い く ぜ !!」「元気のでる体操」「愛のビームを送りましょう!」

セリフあり、振り付けあり、ペンラ演出あり。

戸惑いながらも潤花さんの希望にこたえる上級生たちが面白くて、
「ちっちゃなツ」を言わされている桜木さんに大笑いしました。

しかも客席を巻き込んで練習している最中に真風さんが舞台に出てきてしまい、慌てた潤花さんが一言!

「あっ、まだです、あとちょっと待っててくださ~い」

10期下の相手役に引っこむように促され、スゴスゴと袖に引っこむトップスター真風さんにお腹よじれるほど笑いました。

寿さんも「あっ、ひっこませた」とボソッ。笑

しかしまぁ、熱意って人を動かすんですね。

本番は桜木さんたちの掛け声もバッチリ。客席のペンライトウェーブもキレイに揃っていて、なんだかんだ言って感動しました。

真風さんも「すごーい」と感激された様子。

潤花モンスター炸裂でしたが
どんなに高揚していても真風さんの前を横切るのをためらう冷静さに、やはり賢い人なんだなと。

全てを包み込む真風さんの大きさも、上級生たちの優しさも心に沁みました。

ムチャぶりの潤花コーナーが終わりに差し掛かりホッとしたのか、桜木さんにハプニングが…

桜木みなとにハプニング

お手伝いに登場した鳳城のあんさんのお名前を「あのん」と間違えてしまい、桜木さん大慌て

「ここ(映像)カットで」とチョキチョキポーズする桜木さん。

「使ってくださ~い」と笑顔の小悪魔・潤花さん。笑

結果的に「鳳城のあん」さんのお名前が広く知れ渡りましたね。

そしてカテコの真風さんの言葉にもうひと笑い。

組子たち全員が「うわ~っ」「ふぅ~っ」「きゃ~っ」と言いながら真風さんに抱きついていくと…

真風「ちょっと、みんな冷静に。うるさいのは一人でいいからっ!

ほぼ潤花さんを名指ししているような「一人でいい」に笑ってしまいました。

真風「最高に楽しいBlu-ray(映像)が取れたね」

組子に囲まれて幸せそうにしている真風さんを見て、こちらまであたたかい気持ちになりました。

「真風にまかせろっ!」で始まった『MAKAZE IZM』は、まさしく真風さんの極められた男役芸と人間的魅力がつまった素晴らしいリサイタルだと思います。

千秋楽までみんな笑顔で駆け抜けられますように。

芹香斗亜ディナーショー・セットリスト
宙組2回目の文春記事に思うこと
亜音有星・若手売り込み戦略について思うこと
宙組全ツ初日「バロンの末裔/アクアヴィーテ」真風涼帆・桜木みなと・瑠風輝
タイトルとURLをコピーしました