衝撃!凪七瑠海×舞空瞳 全国ツアー/礼真琴「赤と黒」/綺城ひか理の組替え

星組news凪七全ツ 星組

本日は、星組関連のニュースに驚かされました。

・綺城さんの組替え
・礼さんのロックオペラ
・凪七さんと舞空さんの全国ツアー

どれをとっても衝撃的な内容で
動揺を隠しきれません。

礼真琴『Le Rouge et le Noir ~赤と黒~』

『Le Rouge et le Noir ~赤と黒~』
潤色・演出/谷貴矢
主演・礼真琴
◆梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ:2023年3月21日(火)~3月29日(水)
◆日本青年館ホール:2023年4月4日(火)~4月10日(月)

あれ?また赤と黒?

月組の珠城さんが2020年に演ったばかりなのにと思っていたら、

海外ミュージカル版『赤と黒』なのですね。

礼さんといえば『ロックオペラ・モーツァルト』が当たり役。

あの感動を再び!という狙いなのでしょう。

日本初演ということで、期待高まります。

しかし…

相手役が舞空さんではないことに驚きました。

トップコンビが分かれることについては前例があるので、動揺する必要はないのですが…

2014年・星組
・柚希さん「太陽王」シアターオーブ
・轟さんと夢咲さん「第二章」青年館
・礼さん「かもめ」バウ

翌年、夢咲さんは柚希さんと添い遂げ退団。

2016年・宙組
・朝夏さん「バレンシアの熱い花」
全国ツアー
・轟さんと実咲さん「双頭の鷲」
バウホールとKAAT神奈川芸術劇場

この公演後、実咲さんは『王妃の館』で単独退団。

さすがに舞空さんが早々に退団することはないと思いますが、

退団じゃなくて
芹香さんの相手役にスライド?

深読みし始めると止まりませんので、このくらいに。

礼×舞空コンビが長期確定しているがゆえのインターバル、といったところでしょう。

そこで注目があつまるのは
『赤と黒』で礼さんの相手役を務めるのは誰かということです。

海外ミュージカルということなので
歌ウマの小桜さん有沙さん詩さんあたりが候補に挙がってくるのかなと思います。

それにしても会場がシアタードラマシティと青年館って、小さすぎませんか?

需要と供給がまったく合っていないような。

凪七瑠海・舞空瞳/星組全国ツアー「バレンシアの熱い花」

さてさて、本日のニュースで一番驚いたのはこちらの公演です。

専科の凪七さん舞空さん
星組の看板を掲げて全国ツアーを周るという発表に大混乱。

『バレンシアの熱い花』
作/柴田 侑宏
演出/中村 暁
『パッション・ダムール・アゲイン!』
作・演出/岡田 敬二
出演・凪七瑠海、舞空瞳

トップコンビか、次期トップが行うのが主流とされている全国ツアー。

しかし、現在の星組において
2番手は確定していません。

そこで専科の凪七さんに白羽の矢が立ったのですね。

凪七さん(89期)は主役もできるし
脇を固めることもできる頼もしい存在。

これからコロナの巻き返しを図る劇団にとって
手放したくない人材、かつ、
フル活用したい人材なのが透けて見えます。

『バレンシアの熱い花』は
月組宙組で上演された演目。

『パッション・ダムール』は
2020年に凪七さんが雪組生と出演した作品で

どちらもまったく星組感なし

なぜこの演目が選ばれたのか疑問ではありますが、新しい演目にチャレンジすることは、星組生にとって学び多き公演になるでしょう。

ツアー先に広島がありますので
瀬央さん暁さんが参加されると盛り上がるでしょうね。

そして本日のニュースの中でいちばん重く受け止めているのが

綺城さんの組替えについてです。

これは、花組の未来にからんでくる異動なので、これから花組で起こることについて覚悟する必要があるのかなと。

柚香さん、水美さん、永久輝さんら
花組については、また改めて記したいと思います。

綺城さんが『ディミトリ』の千秋楽まで
星組の仲間と充実した時間を過ごせますように。

透明感がスゴい!吉沢亮さん×柚香光さん×礼真琴さんoggiスペシャルトーク
コロナ禍でも着々と進められる人事
天飛華音にホレた!星組東京新人公演「柳生忍法帖」感想
極美慎がキターッ!星組「めぐり会いは再び」
タイトルとURLをコピーしました