宝塚私設ファンクラブについて・お隣歩き編

seat2 宝塚歌劇のいろいろ

コロナ禍の今、会活動は停滞したまま。

入り出やお茶会も禁止されているので、チケット申込くらいしか機能していないのではないかと思います。

そこで、「お隣り歩き」という今となっては幻のような出来事をつぶやきます。

宝塚私設ファンクラブ・お隣歩きとは

私はかつてある男役さんの私設ファンクラブに入会していました。

そのジェンヌさんがまだ若手だったということもありファンクラブの人数も少なく、新参者の私をすぐに受け入れてくれたので入り出に行くのが楽しかった。

ある日そこで「お隣歩き」という謎の言葉と出会う。

お隣歩きとはファンクラブ用語で以下の意味を指します。

ジェンヌさんのお稽古入りの際、待ち合わせ場所から楽屋口まで移動の間、会列の先頭でジェンヌさんのお隣に並んで歩きながら二人でお話しできること。

想像してみてください。

たった数分とはいえジェンヌさんと一対一でお話しするのですよ。

緊張なんてもんじゃない。

ジェンヌさんが積極的にお話ししてくださるときもあるし、こちらが質問しないと沈黙が流れるときもある。

緊張で頭が真っ白になります。

しかし、たとえ緊張しても何をおしゃべりしたのか覚えていないといけません。

忘れた、では済まされないのです。

なぜなら、

楽屋口でジェンヌさんを見送った後、ファンクラブの人たちに先ほどジェンヌさんと話した内容を報告をしないといけないから。

会員さんたちの前での報告、これもまた緊張します。

みなさんお目目をキラキラ輝かせて聞いてくださるんですよね。 時に大きく頷きながら。

ではこのお隣歩き、順番はどうやって決まるのでしょうか。

会によっても違うと思いますが、私が入っていた会は、立候補orまだやったことのない人 という比較的ゆるい決め方でした😆(笑)

争奪戦かと思いきや、意外にも譲り合いになります。(さすが宝塚ファン)

私も初めての時、「まだやったことない」と申告するのに躊躇していると、「お隣歩きなんて今(下級生)しか出来ないんだからぜひやった方が良いよ。」とベテラン会員さんに背中を押され勇気をだしました。

そして夢のような時間を過ごすことができたので、今でもその方に感謝しています。

お稽古前の貴重な時間をファンサービスに費やしてくださったジェンヌさんにも感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうごさまいました。

先日の月組千秋楽の白服を見て、ふと昔会活動していてころを懐かしく思い出しました。

OGが語る退団後の不安・真彩希帆、憧花ゆりの☆宝塚歌劇団前理事長による救済システム

オリンピック閉会式でタカラジェンヌ国歌斉唱・真風涼帆、礼真琴、柚香光、芹香斗亜、愛月ひかる、水美舞斗
世間の反応!タカラジェンヌ国歌斉唱オリンピック閉会式・真風、礼、柚香、芹香、愛月、水美
成田美寿々さん東京宝塚劇場にピアノ寄付♪鳳月杏さんとご対面
106期生 憧れのスターは彩風さん礼真琴さん柚希さん野々さん~異例の卒業式~
タイトルとURLをコピーしました