月組「FULL SWING!」感想・月城かなと、鳳月杏、暁千星

FULL 月組

休演者が多く心配される月組さん。

本日公演を観劇したかぎり、舞台上の組子たちは絶好調でした。

本記事ではショー「FULL SWING!」のざっくり感想をお届けします。

月組「FULL SWING!」レビュー

「FULL SWING!」は、舞台と客席との間に一枚ベールがかかったような不思議な感覚に陥るショーです。

会場一体となって盛り上がるというより、芝居の中のダンスシーンを眺める感覚に近いかもしれません。

手拍子のむずかしさが話題にのぼっていますが、実際むずかしいと思います。

過去3回観劇し、いづれも客席の手拍子はバラバラでした。

ですが、手拍子がバラバラになった時こそ舞台を注意深く観てください。

研ぎ澄まされた集中力で、一糸乱れぬダンスを披露する組子たちの姿に感動すると思います。

月城かなと

幕開き一人アカペラで歌う月城さんを見ると
「あぁ、これから月城さんの月組が始まるんだな」と胸がいっぱいになりました。

ですが、このショーは月城さんが先頭に立ってひっぱるというより、貫禄で締めるというお披露目らしからぬ構成となっています。

芝居仕立てのシーンはさすがの一言。

女に宝石を奪われ地団太踏んで悔しがるという間抜けなギャングは、トップスターではあまり見ないキャラクター。

しかしこのギャングを残念キャラ終わらせず、去り際「アデュー」にきっちり男の色気を出してくるあたり、上手すぎです。

月城さんのソロから始まり組子たち全員の合唱になる「マイウエイ」は、無条件に心揺さぶられ感動しました。

そして一番おどろいたのが、月城さんが真ん中でおどると周囲の組子たちのフリがピタッとそろうこと。

周りが合わせやすいように計算して踊っているのか、合わせるコツを伝授されているのか…

とくに黒燕尾の揃いっぷりは壮観。

素晴らしいリーダーです。

鳳月杏

鳳月さんの歌・ダンス・芝居が堪能できるジゴロのシーンは絶品。

「一度は栄光を手にしたジゴロのその後…」

哀愁ただよわせる感じとか、最後に女が迎えに来て嬉しそうに笑うところとか、女心をくすぐるの上手いなぁ。

暁千星

このショーのMVPは間違いなく暁さん。

見せ場となるシーンはたくさんあるのですが、特に暁さんの本領発揮は「No rain No rainbow」

5分以上おどり続けても最後までスマートで軽やかなまま。

その暁さんに食らいついて爆踊る下級生たちもツワモノぞろいで見応えのあるシーンです。

暁さん圧巻の歌唱「NIGHT&DAY」は必聴!

いつのまにやら大劇場全体を震わせるスゴイ歌手になりましたね。

印象と違いハードなショー

長くなりましたので他キャストや他場面の感想はあらためて記すとして、

「FULL SWING!」は全体的に大人な雰囲気でゆったりとしたショーに見えます。

しかし、暁さん主体のシーンや場面によっては、かなりハードなダンスがあり、われわれが受ける印象以上に大変な公演なのだと感じました。

月組のみなさん
どうぞお怪我のないように。
そして休演者の早いご回復を祈っております。

↓ポチッと応援おねがいします。

月城かなと・舞浜「Rain on Neptune」&初東上!暁千星「ブエノスアイレスの風」
爆笑!月組「ピガール狂騒曲」感想。珠城さん月城さん鳳月さん風間さん全員が芸達者!
月組「FULL SWING!」エトワールについて・風間柚乃、白河りり、きよら羽龍
小池修一郎が語る月城かなと・月組「グレート・ギャツビー」制作発表・
タイトルとURLをコピーしました