瑠風輝・憧れの人と共演 貫禄のデュエット「夢の音楽会」

瑠風輝・憧れの人と共演「夢の音楽会」 宙組

『夢の音楽会』は、憧れの人とデュエットしてみたいという現役ジェンヌの願いを叶えるスベシャル番組です。

#1・和希そら×安蘭けい
#2・暁千星×柚希礼音
#3・風間柚乃×彩乃かなみ

#4・桜木みなと×姿月あさと
#7・永久輝せあ×春野寿美礼

#8は宙組の瑠風輝さん(98期)が登場し、元星組トップスター湖月わたるさん(75期)と共演されました。

『夢の音楽会』瑠風輝×湖月わたる

湖月わたるプロフィール

瑠風さんは湖月さんの退団公演『愛するには短すぎる』を見て受験を決意し、

観劇後すぐに受験スクールに入ったのだとか。すごい行動力。

湖月「退団公演を見てくれたもえこちゃん(瑠風)と共演できるの嬉しい。いま研12?男役10年とはよく言ったもので、それを越えたころが楽しい。今日はたくさん熱い男役談義をしましょう」

冒頭からサービス精神たぷりの湖月さん。

自分を慕ってくれる下級生に何かヒントを与えられたらと、かける言葉がどれもステキで、金言だらけの神回となりました。

【湖月わたるプロフィール】
1989年・入団75期(同期に美穂圭子)
1997年・星組から宙組へ異動
2000年・専科異動
2003年・星組に異動、トップスター就任
2006年・『愛するには短すぎる/ネオ・ダンディズム』で退団
代表作・王家に捧ぐ歌、ベルサイユのばら
愛称・わたるさん

瑠風から湖月への質問

「男役として大切にしていたことは何でしたか」

湖月さんの答えは包容力。

湖月「相手を美しく魅せることが包容力。相手役を愛してあげるしかない。愛に優る包容力なし!」

カッコよすぎるアドバイスに瑠風さんもため息。(私もため息)

湖月「演技をする時はどうしても前(客席)ばかり意識してしまうけど、背中を意識しないと(体は大きくても)大きく見えないよ。エネルギーは背中から」

湖月さんの身長は174㎝、瑠風さんの身長は175㎝で、高身長ならではのアドバイスに目からウロコ。

湖月(私たち)背が高いから足に力が入らないと浮いちゃう。ダンスに必要なのは下半身の強化。だから人より下半身を鍛えること」

身長が高いことは有利なことばかりではないのですね。

湖月さんの長身を活かしたダイナミックなダンスに憧れている瑠風さんは、「かんばります」と決意を新たにしていました。

瑠風輝×湖月わたるデュエット曲

①エジプトは領地を広げている~世界に求む(王家に捧ぐ歌)
②恋は元々アンフェア(愛するには短すぎる)

『王家に捧ぐ歌』から2曲メドレーという豪華版。

ダイナミックなお二人の並びは迫力がありました。まさに王の風格。

瑠風さんは「歌詞が心に滲みて歌いながら涙が出そうになりました」と感動しきり。

「歌声がすごくステキ」と褒められて照れる様子が可愛かったです。

『恋は元々アンフェア』は、再演を繰り返すうちに男役デュエットの決定版となった楽曲。

現在雪組全国ツアー公演で彩風咲奈さん(93期)朝美絢さん(95期)が歌って盛り上がっています。(ちなみに配信は9月2日㈯15:30です)

23期も離れている湖月さんと瑠風さんですが、(意外と)バディ感がしっくり。ハモリが楽しかった~。

ラストは湖月さんアイデアの背中合わせポーズでキメ!
ちょっぴりぎこちないところが微笑ましかったです。

瑠風さんはまったく違うタイプの2曲をサラッと歌いこなしていて、やっぱり上手いな~。

湖月わたるから瑠風輝へ

湖月「これからは深みが大切になってくる。同じブルーでも深いブルーを出していくといいね。もえこちゃんの男役のこだわりを見つけて!そして体だけには気をつけてがんばって!」

宝塚に入るきっかけとなった大スターの言葉に真剣に耳を傾ける瑠風さん。

「視線の先に憧れの湖月さんがいらっしゃるなんて、まさに夢の音楽会でした。頂いたお言葉を活かして頑張ります」と番組を締めくくりました。

天彩峰里に思う『大逆転裁判』
真風涼帆誕生会は芹香斗亜主催「デリシュー」アドリブ祭・7月18日
またも宙組トップが!文春第6弾と限定イベントに思う
珠城りょう・瀬戸かずや出演決定!花組月組100周年記念公演「Greatest Moment」梅田芸術劇場、東京国際フォーラム
タイトルとURLをコピーしました